ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2019022423ボルタンスキー展、コレクション3展@国立国際美術館。2

クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime
 2019.2.9-2019.5.6 月、2/12休(2/11、4/29、5/6は開館)
 10:00-17:00 10:00-20:00 金土 入場は閉館30分前まで
 観覧料:一般900円 2/24は天皇陛下御在位30年を記念して入場無料
 国立国際美術館
 大阪市北区中之島4-2-55

 クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime

〇〇〇


2019022424ボルタンスキー展、コレクション3展@国立国際美術館。3
 一部撮影していいエリアがあったので撮影。
 撮影していいエリアがチラシで配布されていたが、この暗さでは確認するのもおっくうになる。

 この写真を見てもわかるけど場内は暗い。そのせいで作品がよく見えないものもある。
 時々電球などの展示があり、それが目を惹く。
 解説抜きで見ると、怖くないお化け屋敷か暗い迷路のような感じ。
 この展示場全体が作家の世界観を示した作品なんだろう。

〇〇〇


2019022422ボルタンスキー展、コレクション3展@国立国際美術館。1

コレクション3:見えないもののイメージ
 2019.2.9-2019.5.6 月、2/12休(2/11、4/29、5/6は開館)
 10:00-17:00 10:00-20:00 金土 入場は閉館30分前まで
 観覧料:一般430円 無料観覧日 2/9、2/24、3/2、4/6、5/4
 国立国際美術館
 国立国際美術館
 大阪市北区中之島4-2-55

 コレクション3:見えないもののイメージ

〇〇〇


 塩田千春さんの作品を見られてよかった。
 トラウマ/日常
 鉄のフレームに黒い糸が縦横無尽に張り巡らされ、その中に白い服が2着。
 黒い糸によって封じ込まれている白い衣服。
 黒い糸はトラウマ、白い衣服は日常か、日常はトラウマによって身動きできなくされている。そうやって生活している私たち。

 作品を眺めながら何となく考える。
 作品を見て作品名を見るのは、作品名から作者の意図を読もうとしているから。
 作品名でこれは何かと理解しようとしている。
 だから無題というのはモヤモヤする。
 わからんものはわからんでいいんじゃないかと思うんだけど、気持ち的にそうもいかないみたい。
 かと言って説明がましいのもどうかと思うけど。

 そのものを愛でる作品もあれば、何かを考えさせられる作品もある。
 ボロクソに叩かれる作品もそういうためにある作品なんだよ、きっと。知らんけど。