ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2019022403動物のからだ展@ODPデザインギャラリー。1

動物のからだ〜生きるために選ばれたカタチたち〜
 2019.2.16-2019.2.24
 10:00-18:00
 大阪デザイン振興プラザODPデザインギャラリー
 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビル ITM棟10F

 動物のからだ〜生きるために選ばれたカタチたち〜

〇〇〇


 気になる作品を撮影してきました。(写真撮影可、SNSなどにもアップ可)

2019022404動物のからだ展@ODPデザインギャラリー。2
 ハセイルカ(全身交連骨格)
 交連骨格(標本):骨同士を連結し組み立てた骨格標本。
 横から撮るよりもこの方がかっこいいかなと思って。

2019022405動物のからだ展@ODPデザインギャラリー。3
 フタユビナマケモノ
 ナマケモノには惹かれるものがあります。それにしても肋骨が多い。

2019022406動物のからだ展@ODPデザインギャラリー。4
 ライオンの剥製。

2019022407動物のからだ展@ODPデザインギャラリー。5
 ちょっと愛嬌のある顔。生きてたら生きた心地がしないでしょうけどね。

2019022408動物のからだ展@ODPデザインギャラリー。6
 ライオンの前肢レプリカ。3Dプリンタで制作したそうです。大きさは2倍。
 この爪の出し入れできる構造は猫も同じ。うちの猫の爪切るときに見てます。

2019022409動物のからだ展@ODPデザインギャラリー。7
 「入道雲と」(本多絵美子さん)
 コモンウォンバット(ヒメウォンバット)を木を彫って作った作品。

2019022410動物のからだ展@ODPデザインギャラリー。8
 これは可愛い。見上げるポーズがあざといですねw

2019022411動物のからだ展@ODPデザインギャラリー。9
 横から眺めてもかわいいもんです。

2019022412動物のからだ展@ODPデザインギャラリー。10
 そのコモンウォンバット(ヒメウォンバット)の骨格標本がこちら。
 池田の五月山動物園で生体が見られるそうです。この骨格標本も五月山動物園から。

2019022413動物のからだ展@ODPデザインギャラリー。11
 モグラの手の骨格の拡大模型を3Dプリンタで出力して模擬モグラ体験。

2019022414動物のからだ展@ODPデザインギャラリー。12
 掘ってみました。

2019022415動物のからだ展@ODPデザインギャラリー。13
 「土くれ」(本多絵美子さん)
 アズマモグラの木彫作品です。

2019022416動物のからだ展@ODPデザインギャラリー。14
 これ、ジャイアントパンダの頭骨模型です。

2019022417動物のからだ展@ODPデザインギャラリー。15
 クマつながりでツキノワグマの剥製。こんな爪でやられたらたまったもんじゃないですね。

2019022418動物のからだ展@ODPデザインギャラリー。16
 フンボルトペンギンの骨格標本と剥製です。ペンギンは意外と足が長いことが骨格からわかります。

 剥製や骨格標本、3Dプリンタによる複製骨格標本、スケッチや絵画、そして彫刻まで、動物のからだを様々な手法で表現した作品が並んでいて、生物への関心からアートへの関心までをカバーできる面白い展示でした。