それで評判は?
 写真や絵を見るのも好きです。

<重森陽子展>
 2011.5.24-2011.6.5
 12:00-19:00 12:00-18:00 日
 ギャラリーマロニエ GALLERY3
 京都市中京区河原町通四条上る塩屋町332

 粗く作られた四つ足のオブジェ。
 まるで陶器のかけらを組み合わせて作られたような感じがする。
 それがイヌやカメ、ラクダ、ゾウ、様々な動物に見えてくる。

<翊臀臈検
 2011.5.24-2011.6.5
 12:00-19:00 12:00-18:00 日
 ギャラリーマロニエ GALLERY4
 京都市中京区河原町通四条上る塩屋町332

 針金に和紙を巻いたもので作られたオブジェ。女性の身体をイメージしている。
 ライトに照らされて浮かび上がる作品は幻想的。

 影が床に映っているが、編み込まれた針金の影を映すには離れ過ぎている感がある。
 壁の近くに吊るして、壁に影を映してもよかったかも。

 しかし、改めて見ると、床に映った影がまるで竜のように見えた。
 これは面白い。

 作家さんと話ができた。
 25年くらい、この作風で制作しているという。
 元々は紙でオブジェを作るのに補強の意味も兼ねて針金を使ったと言う。

 作品集を見せてもらったが、紙で覆われた作品もいい。

<ひさしぶりの細密画・コラージュ展示会>
 2011.5.29-2011.6.5
 12:00-19:00
 ガラス小路 かぢ村
 京都市中京区姉小路富小路南西角

 グリーティングカードに使えそうな明るくてファンシーな絵柄。


人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ここの写真や記事を気に入ってくれたらクリックよろしくお願いします。