ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とねんどろいど、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

2015年10月

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2015092102なあ、おっさん。
2015.9.21 ■なあ、おっさん。より。)

 2015年10月終了の展示会情報。

  木村英憲展(9.28-10.3 東京 なびす画廊)
  松尾 一朝 展(9.25-10.4 東京 サボア・ヴィーブル)
  丸山宏展 「人々の影に…」(9.23-10.5 東京 Space2*3)
  安倍吉俊デビュー20周年記念自選画展『祝祭の街 明・暗・素』(9.17-10.6 東京 pixiv Zingaro)
  クリスティアーネ・レーア 「ラインド」(9.5-10.10 東京 タグチファインアート)
  梅田香織個展(9.26-10.10 京都 ギャラリーギャラリー)
  ゴヤ銅版画集〈妄〉―人間の不条理―(9.10-10.11 東京 早稲田大学 會津八一記念博物館)
  MOTコレクション 戦後美術クローズアップ(7.18-10.12 東京 東京都現代美術館)
  山下工美 個展 - 山と谷(9.11-10.12 東京 アートフロントギャラリー)
  鞍谷淑子 「『時間』のインスタレーション」(10.12-10.17 東京 ギャラリー檜F)
  たまごとたね ーいのちのはじまりと不思議ー(7.18-10.18 大阪 大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール)
  高橋まき子 ガラス展掘屮僉璽函Ε鼻Ε凜А璽襦廚寮こΑ9.25-10.18 京都 アートン アートギャラリー)
  AOSANDO ART FAIR 2015(10.15-10.18 東京 青参道各店舗)(宮田彩加さん(LAUREL)、タムラサトルさん(GANZO本店)出展)
  小林京和さんを囲んで-ジュエリー・アーティスト・ジャパン アート部分科会(10.23 19:30-21:30 東京 シンコーストゥディオ 東京世田谷本店)
  大黒浩子展「猫がいる日常」(10.20-10.25 京都 堺町画廊)(猫絵)

ブログネタ
うちのネコ5 に参加中!
2015102601アリガトウ。
 昨日(10月25日)、年に一度この時期に猫絵の個展を開催される大黒さんの個展にお邪魔してきました。
 (大黒浩子展「猫がいる日常」(10.20-10.25 京都・堺町画廊))

 そこでいただいたのが「ショウガトウ」なるもの。
 プシプシーナ珈琲と言う店の商品らしい。

 その隣の猫絵が大黒さんの絵ハガキ(DMだけど)。
 ちょっと見にくくてすみません。
 個展は10月25日で終了してます、あしからず。

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2015102501フェルメールとレンブラント展@京都市美術館


フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち ‐世界劇場の女性‐@京都市美術館
 2015.10.24-2016.1.5 月休(祝、1/4は開館)、12/28-1/1休
 9:00-17:00 入場16:30まで
 大人1500円
 京都市美術館
 京都市左京区岡崎円勝寺町124

 17世紀、オランダ絵画の黄金時代の作品を見る展示会。
 以前何らかの事情で中止になった展示会が仕切り直しで開催された展示会かな?

 11:00頃に美術館に到着。人は少ない。日曜日か?と言うくらい。
 会期の始めってこんなものなんかな。

 気になった作品についてコメントしてみる。

 ヨハネス・フェルメール「水差しを持つ女」
 何だろう、ちょっと訴えかけるものが少ないと言うか何と言うか。
 女性の衣装がシンプルで目立たないからか。
 何かもやもやする。
 今回の展示会の最大の目的、であったはずだけど、周りの大きな作品に惑わされたのか作品の前を通り過ぎてしまうと言う失態。

 ヤン・ステーン「恋の病」
 固い表情の女性の脈を取る怪しげな男性、男性はヤブ医者だと言う。
 このペテン師はもっともらしい顔で隣の男性に「これは恋煩いですな」とでも言ってるのだろうか。
 目立たないけど入り口に交尾する犬を配置してこの絵のテーマをプンプン臭わせているのがおかしい。

 ヤン・ステーン「女将と戯れる老人とバックギャモンに興じるふたりの男のいる酒場の室内、通称「二種類の遊び」」
 ゲームに興じるおっさん達とギャラリー達や女将にちょっかいかけてる老いぼれはともかく、その奥にいるどちらにも与しない陰の薄いおっさんは何を意味しているのか。
 この人の存在意義が気になってたまらない。

 ホットフリート・スハンケン「さまざまな嗜好」
 手前のタバコを吹かしている男性と奥の男女。言い換えれば、ぼっちとリア充。
 タバコ吸ってる男は奥のカップルに毒付いているよね、このひしゃげた顔つきは。
 まあ、その気持ちはわかる。

 サミュエル・ファン・ホーホストラーテン「貧血症の女」
 青白い顔色の女性、いかにも不健康そうな顔色。
 足元に座っている猫に真っ先に目が行ったのはナイショ。

 あくまでも私の個人的な感想だけど、全体的に見て印象に残りにくいイメージの展示会だった。
 ただ単に自分の好みと合致しなかったというだけだと思うけど。
 どうしても先に開催されたルーブル美術館展と比較してしまうと言うのもあるかな。
 「世界劇場の女性」ってなんだろう。どうも違和感を覚える。

ブログネタ
うちのネコ5 に参加中!
2015102401ボクには関係ないことですが。
 フェルメールとレンブラント展@京都市美術館の前売券をぎりぎり10月23日にゲットしてまいりました。
 明日(10月25日)行ってきます。

 フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち ‐世界劇場の女性‐
 2015.10.24-2016.1.5 月休(祝、1/4は開館)、12/28-1/1休
 9:00-17:00 入場16:30まで
 大人1500円
 京都市美術館
 京都市左京区岡崎円勝寺町124

このページのトップヘ