ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とねんどろいど、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

2013年06月

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
水ノ流ルル3DM
 水ノ流ルル3
 2013.7.23-2013.8.4 7/29月休
 13:00-19:00 最終日17:00まで
 アトリエとギャラリー 晴空(閉廊)
 神戸市中央区海岸通4-3-13 ポートビルディング2F 215号室

 恒例になりましたアトリエとギャラリー 晴空の夏の展示会、「水ノ流ルル」も3回目になりました。
 暑い夏を乗り切れるよう、水にまつわる作品が集まります。

 今年も参加することにしましたので、時間のある方はぜひお越しください。
 書かなくてもわかるとは思いますが、私は猫写真を出展します。

 ちょっと歩けばすぐにポートタワー、メリケンパークに行けますよ。
 神戸の街も楽しんでみてください。

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
2013052002爪とぐネコ。
2013.5.20 ■爪とぐネコ。より。)

 2013年7月以降の私が気になる展示会情報を書いておきます。参考までに。
 終了した展示会情報は消してます。

(2013.6.30現在)

(私が注目している展示会情報)

  片岡健助個展「だめをまつり」(-7.1 京都 雑貨屋パラルシルセ)
  夢工房 夏の手作り作品展(-7.2 神戸 さんちかホール)(TSUBAMEDOさんのオートマタ)
  南野馨展(-7.6 大阪 ギャラリー白3)
  伊藤祐之展−空−(-7.6 大阪 不二画廊)
  岩澤有徑 はるかなる宇宙と未来へ(-7.7 兵庫県芦屋市 ギャラリーあしやシューレ)
  金魚展 VOL.3(-7.9 大阪 ART HOUSE)(小林美幸さんのミニチュア金魚)
  フェルメール光の王国展 in OSAKA(-7.15 大阪 阪急うめだギャラリー)
  本池秀夫 革の世界展〜人形・動物・現代アート〜(-7.16 京都 美術館「えき」KYOTO)
  高松次郎「遠近法 ― 平面上の空間」(-7.20 東京 ユミコ チバ アソシエイツ VIEWING ROOM-shinjuku)
  Director’s Eye #1 結城 加代子 「SLASH / 09 −回路の折り方を しかし、あとで突然、わかる道順を−」(-7.21 大阪 the three konohana)
  「昆虫図鑑」彦根愛(-7.21 京都 gallery C.A.J)
  寺林武洋 −LIFE II−(-7.22 大阪 Yoshimi Arts)
  小川信治「世界線の眺望」(-7.28 神奈川県鎌倉市 鎌倉画廊)
  國府理 未来のいえ(-7.28 兵庫県西宮市 西宮市大谷記念美術館)
  柿均展-光のかたち-(-8.25 北海道札幌市 本郷新記念札幌彫刻美術館)
  光と風をかんじて…展(-11.10 千葉県千葉市 ホキ美術館)

  崎川真璃絵個展「バネバネバネバネバネバネバネ」(7.2-7.7 京都 KUNST ARZT)
  Art Court Frontier 2013 #11(7.5-8.3 大阪 アートコートギャラリー)
  水城まどか個展「にじむ / NIJIMU」(7.9-7.14 京都 KUNST ARZT)
  大橋勝「微分映画」(7.9-7.14 京都 アートスペース虹)
  八谷和彦 個展「OpenSky 3.0 ―欲しかった飛行機、作ってみた―」(7.13-9.16 東京 3331 Arts Chiyoda)
  塚田裕介「連続する断面」(7.16-7.21 京都 アートスペース虹)
  ART OSAKA 2013(7.20-7.21 大阪 ホテルグランヴィア大阪 26F)
  ABENO ZAKKA TOWN(7.25-7.31 大阪 あべのハルカス近鉄本店ウイング館8階催会場)(TSUBAMEDOさんのオートマタ)
  小曽川瑠那個展(7.27-8.25 石川県金沢市 ギャラリー点)
  谷口和正展「moon songs」(8.16-8.28 京都 gallery near)
  無限の数え方(8.20-9.1 京都 KUNST ARZT)
  横田真希展(10.3-10.8 東京 Gallery銀座一丁目)(ジュエリー)
  横田真希展(12.4-12.9 兵庫県芦屋市 芦屋ぎゃらりー藤)(ジュエリー)
  重松あゆみ展(12.9-12.21 大阪 ギャラリー白3)


(ネコ関連イベントの備忘録、京阪神中心)
 猫写真やイラスト、立体物など猫関連の展示があるイベントをリストアップしています。
 ネコメインのイベントではなくても知人のネコ関連の出展や注目している作家さんのネコ作品があればここに書いています。

  必死のパッチのパパラッチ(-7.5 大阪 高麗橋炉端かるた)(猫写真)
  ここで待ってる。〜 ペナン、コルシカ、台湾の猫と犬 〜新美敬子写真展(-7.17 大阪 パナソニックセンター大阪 LUMIX Salon)
  特設展示「猫に魅せられた文豪〜猫と谷崎と二人のおんな」(-9.8 兵庫県芦屋市 芦屋市谷崎潤一郎記念館)

  Photogenic Cat! Cat!(7.3-7.29 大阪 旅と喫茶とカレーと日常 モハキハ)(猫写真)
  祇園猫祭(7.6-7.15 京都 風の倶楽部) (ゴーあやさんの猫作品)
  桐山暁個展「Prego」(7.11-7.21 東京 東京谷中・ギャラリー猫町)
  森野忠晋写真展「猫700%」(7.11-7.21 大阪 猫カフェ猫の箱)
  猫のハガキと小物展(7.17-8.5 京都 ごはんcafeたまゆらん)
  クリエイターイベント〜風雅2013夏〜A『myペット展』 B『アニマル&ドール展』(7.22-7.28 大阪 ギャラリー風雅) (猫を含む動物をモチーフとした作品)
  水ノ流ルル3(7.23-8.4 神戸 アトリエとギャラリー 晴空)
  天野千恵美個展「猫町懐古玩具展」(7.25-8.4 東京 東京谷中・ギャラリー猫町)
  あおとみずたま市(7.27-8.11 名古屋 お手紙雑貨店 I-ROR-I (いろり))(ごとー猫首輪製作所さんの猫首輪)
  チョコじいぷる〜展(8.1-8.18 京都 キトゥンカンパニー) (Yみちさんの猫写真)
  岩合光昭写真展「ネコライオン」(8.10-10.20 東京 東京都写真美術館)
  夏の猫展(仮題)(8.19-8.24 大阪 大阪現代画廊) (ゴーあやさんの猫作品)
  内藤八千代「猫の森」(9月 神戸 ギャラリーロイユ)
  猫毛祭りin京都 第5回FINAL〜ネコケもネガイもつめこんで〜(9.11-10.15 京都 ごはんCafeたまゆらん)(猫毛フェルト作品)
  公開グループ展「猫町」(10.29-11.3 大阪 ギャラリーマゴット)(猫写真)

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<20130257 夢工房 夏の手作り作品展>
 2013.6.27-2013.7.2
 10:00-19:00 最終日18:00まで
 さんちかホール
 神戸市中央区三宮町1-10-1 さんちか3番街

 TSUBAMEDOさんの出展を見に行く。
 金魚と丸い水槽をイメージした飾り物がちょっとおしゃれ。
 これからの暑い季節に清涼感を与えてくれそうなオブジェ。
 オートマタはまたクルクル回して機構などに感心する。

 他にもアクセサリーやバッグ、木製の装飾品などの出展があり、なぜか占いまで。

<20130258 公募展「写真と言葉展2」>
 2013.6.21-2013.6.30 6/24月休
 12:00-19:30 最終日17:00まで
 メリケン画廊
 神戸市中央区波止場町6-5 上屋SO-KO 2F

 フォトブックの展示。
 写真単体だけではなくストーリーがあるなら、フォトブックという手段でも自分の世界を表現できる。
 難点は見るのに時間がかかること。
 だから表紙やタイトルでいかに手に取ってもらえるかが肝心だと思う。

 すべての作品を見ると途中で挫折しそうだったので、手に取りたい作品を数点見てみる。
 表紙になまじ写真を入れると中身とどうもイメージが食い違って見えたりするので、難しいものだなと感じる。
 表現したいものが明確ならばそれでいいのだが、掴み所のないものは難しそう。

 農園の猫たちのフォトブック、知っている猫たちが本になっているというのはなんとも嬉しいというかなんというか。
 プレゼントに最適だなぁ、これ。
 おばちゃんと猫が写った写真がなんともいい雰囲気。
 そんな写真集もあったっけ。

<20130259 宮崎shihiro展「here and there」>
 2013.6.18-2013.6.23
 13:00-19:30 最終日16:00まで
 Birdie Photo Gallery
 神戸市中央区元町通1-11-7 千成堂ビル4F

 モノクロフィルム作品の展示。
 撮る時の構図、仕上げる時の感触で作品が仕上がる。
 構図を大事に思うのでトリミングはしない方向。
 撮影時の印象より作品を仕上げている時の印象を大事に作りこむ。
 撮る時と作品として仕上げる時とがフィルムだからこそ、ある程度の時間が必要。
 その時間がいいのかも知れない。

 水のたまったドラム缶の上の円形の水紋。
 隠れた太陽が照らす雲と放射状に伸びる電線。
 石段に映り込む手すりの影。
 裏に幾何学的デザインを含んでいる写真がすっと入ってくる感じ。

 DMの写真は裏表逆になっていたそうで、オリジナルはここで見ることができます。

このページのトップヘ