ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とねんどろいど、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

2012年12月

ブログネタ
うちのネコ4 に参加中!
今年はどんな年でしたか?
 「真珠の耳飾りの少女」来日。
 これに尽きる。

 今年2012年にギャラリー散策した中で心に残った展示をピックアップしようと思ったら、あれもこれもとなってしまったので、一番のものだけ。

 ちなみにこのポスターは(今は無き)ギャラリーアルテスパーツィオのオーナーさんにいただきました。
 ありがとうございました。

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
あんたは誰だ?
2012.1.14 ■あんたは誰だ?より。)

 2013年1月以降の私が気になる展示会情報を書いておきます。参考までに。
 終了した展示会情報は消してます。
 載せるなっていう人はメール下さい(kuhkatze.n@gmail.com)。
 消しますので。

 猫関連の展示会情報があれば教えて下さい。コメントでもメールでも。

(2012.12.31現在)

 (フェルメール関連)
 「真珠の耳飾りの少女」ついに神戸で公開!
 マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝(展覧会公式サイト)
  (-2013.1.6 神戸 神戸市立博物館)


(その他、私が注目している展示会情報)

  光 陰 ―ひかり、かげ、とき―(-2013.1.13 愛知県岡崎市 岡崎市美術博物館)(小川信治氏の作品あり)
  ハイパーリアリズム(-2013.1.26 東京 ギャラリー・ショウ・コンテンポラリー・アート )

  切り絵作家嬢SouMa 常設展(2013.1.10-2.28 大阪 BINDU 北堀江店)

(ネコ関連イベントの備忘録、京阪神中心)
 猫写真やイラスト、立体物など猫関連の展示があるイベントをリストアップしています。
 ネコメインのイベントではなくても知人のネコ関連の出展や注目している作家さんのネコ作品があればここに書いています。

  岩合光昭 写真展 ねこ(-2013.1.9 奈良 近鉄百貨店奈良店6階近鉄奈良ホール)(猫写真)
  巳と十二支のなかまたち&猫展(-2013.1.14 京都 ギャラリー&茶房&貸し部屋 風の倶楽部)(干支と猫をモチーフとした作品)
  猫町JAZZ横丁(-2013.1.20 大阪 Swing MASA JAZZ HOUSE)(猫絵)
  2013佐藤邦雄カレンダー原画展(-2013.2.28 大阪 Kunio Gallery)(猫を含む動物画)

  招福来福 福猫展(2013.1.2-1.8 大阪 阪神梅田本店8階催場)(猫作品の展示販売)
  京都市家庭動物相談所の取組特集の展示(2013.1.4-1.17 京都 京都市左京区役所)(猫を含む動物写真)
  ゴーあやのめでた猫まつり展(2013.1.18-1.28 大阪府高槻市 ギャラリーからころ)(猫イラスト)
  江口タツオ シルバーアクセサリー展、石津佐智子 猫写真展(2013.1.27-2.2 大阪 現代クラフトギャラリー)(猫モチーフのシルバーアクセサリー、猫写真)
  ToDoグループ写真展「To Do Zoo」(2013.1.31-2.5 大阪 ギャラリー4匹の猫)(猫を含む動物写真)
  第8回おうちにゃんこ展「おうちにゃんこへ愛を込めて」(2013.2.2-2.22 京都 キトゥンカンパニー)
  にしたにけいこ写真展「ネコ+(プラス)」(2013.2.6-3.4 京都 ごはん cafe たまゆらん)
  阪靖之・ごとー猫写真展「猫町六丁目」(2013.2.7-2.12 大阪 雑貨と喫茶とギャラリーと ひなた)(猫写真)
  ねこじゃねこじゃ・猫祭り(みゃんでぃ・ねこまや)vol.2(2013.2.22-2.24 滋賀県近江八幡市 白雲館)(猫雑貨などの展示販売、猫毛祭りin 近江八幡 同時開催)
  ねこ展(仮)(2013.2.18-3.3 大阪 glogg)(猫写真)
  猫の手も借りたい3(2013.3.12-3.17 大阪 ギャラリー・アビィ)(猫写真)
  スロー猫しめじとネコ雑貨市5(2013.3.14-3.19 大阪 雑貨と喫茶とギャラリーと ひなた)(猫写真、猫雑貨)
  河井蓮写真展「寺の猫たち」(2013.3.23-4.2 東京 コニカミノルタプラザ ギャラリーA)(猫写真)
  京都・大阪・神戸 三都猫絵巻(2013.4.24-4.29 大阪 イロリムラ[89]画廊)(猫写真)

ブログネタ
外のネコ2 に参加中!
ネコの挨拶。
 ごっつん。

 まーちゃん(息子)が歩いてくるのを撮ろうと、この写真の彼らのいる玉垣のあるところに身体を乗せて、カメラを構えていたら、後頭部に何かが当たった。
 何事かと思ったらミケちゃん(母親)がぶつかってきたようだ。

 ちゃんと挨拶しないとな。

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<第6回ギャラリー・アビィオールスターズ戦>
 2012.12.26-2012.12.29
 12:00-19:00
 ギャラリー・アビィ
 大阪市中央区南船場2-2-28 順慶ビル212号室

 2012年にギャラリー・アビィで複数回出展した作家さんにエントリー権利がある今年のトリを飾る恒例の写真展。
 投票制で、1位は個展代金2万円サービスの特典つき。

 アビィで複数回出展されているということで、変に全体がアビィ色がついているのは嫌だなとは思っていたが、様々な作品が集まっていたと感じる。
 見るところは色々あったが、投票は私なりのインパクトの強さで選んだ。

 選んでからオーナーと話をしながら、写真を見ているうちにこれはいいなと思い始める作品が一つ。
 すぐに入ってくる作品としばらくしてじわじわくる作品がある。
 2回見ないといけないんじゃないかとか思ったり。

<尾仲浩二写真展「I'm full オナカイッパイ」>
 2012.12.28-2013.1.31
 10:00-20:00 最終日17:00まで
 ギャラリー・アセンス美術
 大阪市中央区心斎橋筋1-6-10 心斎橋アセンス5F

 ご本人の数冊の写真集から抜粋したオリジナルを展示。
 スナップ写真作品。
 街中や海沿いの町などをモノクロやカラーで撮影している。
 カラー作品の色が時代を感じさせる作品があったが、モノクロよりも時間の流れを表現するにはいいのかも知れない。

 ちょうど作家さんが自分の作品を解説しているときにギャラリーに入ったので、それを聞きながら、作品を見た。
 作家さんもおっしゃっていたが、街並みの写真は時間が経てばたとえ陳腐なものでも価値が出てくる。
 写真が資料でなくて思い出となるラインはどこなんだろうとおっしゃっていたが、面白い視点だと感じた。

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<戦国!真田抜け穴パラダイス>
 2012.12.21-2012.12.28
 14:00-19:00
 Nano Gallery
 大阪市天王寺区茶臼山町1-19 米田ビル1F/3F

 今回3回目の年末年始恒例の企画展。
 そらのまめとNano Galleryの展示を年末と年始で総入れ替えする。

 イラストや写真、フィギュアやフェルト作品が並ぶ。
 展示会のタイトルから戦国武将をモチーフとした作品がほとんど。
 その中で、一番の季節もののサンタクロースのフェルト作品が浮いてた。
 クリスマス過ぎても浮いちゃうけど。

 作品としては、墨絵の戦国武将が迫力があってよかった。

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<<もじゅうりょくツアー>展>
 2012.12.15-2013.1.14 12.27-28休
 12:00-19:00
 ホテルアンテルーム京都GALLERY9.5
 京都市南区東九条明田町7

 天井からぶら下がったワイヤー、その背後の白い壁に描かれた線画、ワイヤーはスポットライトで壁に影が映る。

 これは何かと見ていると、何やら家に関する熟語が。
 玄関、居間、…
 別の壁にはプレートがモビールのようにぶら下がっていて、美術に関連する熟語が。
 絵画、写真、…

 スケボーのボードに彫った言葉、黒板にデザインされた言葉。

 様々な手法で文字を表現しているのが面白い。

<「梅猫」写真展in梅小路公園2012〜公園で暮す猫達の新しいかたち「梅猫」〜>
 2012.12.23-2012.12.24
 9:00-19:00
 梅小路公園緑の館1Fイベント室
 京都市下京区観喜寺町56-3

 京都の梅小路公園で、野良猫の保護活動をしている京都どうぶつあいごの会か主催の猫写真展。
 今までと違って公園内の施設で開催。

 梅小路公園の「梅猫」の写真が壁に掲示され、雑貨なども展示販売されている。

 猫達の姿、表情は可愛らしく、時にはかっこよく。
 世話をされているので、人に見せる表情は柔らかく、外猫としての引き締まった表情もあり、家猫と外猫の中間のような感じを受ける。

 ここの猫達は私もよくモデルになってもらっているし、今日も撮った。

 ここの猫達を守るために尽力されている京都どうぶつあいごの会の方々には頭が下がる。

<視覚障がい者に向けたデザイン Tactile>
 2012.12.12-2012.12.24 月休(12.24開館)
 11:00-19:00 入館18:45まで
 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
 京都市中京区油小路御池押油小路町238-1

 視覚障害者にも内容がわかるように作られた本や知育遊具など。

 視覚障害者はすべての作品をさわることができるらしいが、晴眼者は一部の作品はさわれるものの、その他はさわれない。
 作品の管理の問題だろうけど、さわれないのは残念。

 さわることのできる作品をさわって、どんな感じかを試すことができた。
 うまいこと作られているなと感じる反面、目をつぶってさわっていると、これはどう開くのかがわからなくなる冊子など、利用者目線になっているのかわからない作品もあった。

 実際に視覚障害者の方に試してもらっているのだろうか。

 私的には、厚紙を折りたためば立体になるものや、展開図から立体を作り出す本が気になった。

<山口典子個展「Nu doll – Stop Motion Animation – 」>
 2012.12.12-2012.12.24 月休(12.24開館)
 11:00-19:00 入館18:45まで
 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
 京都市中京区油小路御池押油小路町238-1

 DMを見た時から何やらわからん空気が流れていた。
 麺に覆われているマネキン。これがどないやねんと言うのは仕方がない。

 作品はコマ送りアニメで、麺の小さな束があたかもアメーバのようにマネキンの体の周りを這い回り、マネキンを覆って行く。

 タイトルは「Nu doll」と麺のヌードルとマネキンの姿であるヌード、そしてマネキン自身のdollと、うまいこと考えられてると思う。
 中身がシュールで、どうもついていけてない。

<鍋田政宏写真展「away from barren star」>
 2012.12.21-2012.12.30 火水休
 14:00-20:00 平日 13:00-20:00 土日祝
 galleryMain
 京都市下京区寺町通り松原下ル植松町731-1 小林ビル2F/3F

 電灯一つの薄暗い部屋に、赤錆の色の紙が並ぶ。
 写っているものは白い影。
 形で何かはわかる。

 説明には遠いところの血生臭いこともネットによって自分の知るところとなることについて考えているようなことが書かれている。
 説明を見てしまうと、この赤錆も血の色に見えてしまうが、説明がなければどうだろう。

 人が横になっていたりするものの、周りには花があり、夢の世界のようにも見える。

 一つ、面白い作品を見つけた。
横たわる人、その横には座って片手を挙げている。その手には長い紐のついた楕円形の物をつかんでいるように見える。
 この楕円形の物はマウスに見える。
 この座っている人はネットで遠くの凄惨なことを知ってしまった作者本人かも知れない。

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
行ってきたで。
 心に残る作品を求めて・・・。

<2012年ブログ仲間の年忘れ写真展>
 2012.12.22-2012.12.23
 11:00-19:00
 ギャラリーアルテスパーツィオ
 大阪市北区曽根崎新地2-1-13 巽住宅梅田ビル302

 写真展を口実に忘年会をしようと言う会?
 前日の心象写真とは正反対の正統派の写真が多い。
 モノクロの光をうまく捉えた写真、勢いのある写真、幻想的な風景写真など、見ていてホッとする写真。
 宴会は明日らしいけど、今日から出展者が多数集まってとても賑やか。
 これくらいの広さがあればギャラリーとして十分やっていけそうなのに、何だか惜しい。

<あしたの箱のクリスマス「リンゴレッスン 1,2,3」〜みる、あそぶ、あじわう、+きく〜>
 2012.12.14-2012.12.23
 13:00-19:00 最終日17:00まで
 ギャラリーあしたの箱
 大阪市西成区岸里東1-6-7

 オートマタ、ガラスの展示。
 TSUBAMEDOさんのオートマタはやっぱり面白い。
 オルゴール付きの作品があったらしいが、もう売れてしまって見ることができなかった。
 こう言うことがあると、展示期間のできるだけ早い目に行った方がいいんだろうなと感じる。

 ガラス作品は小物入れが多く、サンドアートでの柄付が美しい。

<まる。さんかく。しかく。>
 2012.12.10-2012.12.23 火休
 11:30-19:30 最終日17:30まで
 glogg
 大阪市港区築港2-8-29 播磨ビル2F

 丸いもの、三角のもの、四角いものをテーマにした写真展。

 写真にクレパスで描き込んでいる作品。
 女性のボディラインの柔らかさとクレパスのシンプルで茶目っ気のある表現の組み合わせが面白い。

 フレームの四角と窓枠の四角の二重構造を感じさせる作品は入れ子構造の妙を見た。

 額装も展示品の一部となっている作品も見ていて楽しい。

 同じテーマでも受け取り方や表現の違いで様々な作品が出てくる。
 それを見比べるのも楽しいものだ。

このページのトップヘ