ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とねんどろいど、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

2012年07月

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
いってきます!
2012.1.27 ■出発前と帰宅後。より。)

 2012年8月以降の私が気になる展示会情報を書いておきます。参考までに。
 載せるなっていう人はメール下さい(kuhkatze.n@gmail.com)。
 消しますので。

 猫関連の展示会情報があれば教えて下さい。コメントでもメールでも。

(2012.7.31現在)

 (フェルメール関連)
 3会場とも開催開始。後は行って見るだけ!
 フェルメール光の王国展
  (-8.26 東京 フェルメール・センター銀座)
 ベルリン国立美術館展〜学べるヨーロッパ美術の400年〜(展覧会公式サイト)
  (-9.17 東京 国立西洋美術館、10.9-12.2 福岡県太宰府市 九州国立博物館)
 マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝(展覧会公式サイト)
  (-9.17 東京 東京都美術館、9.29-2013.1.6 神戸 神戸市立博物館)


(その他、私が注目している展示会情報)

  やきものの現在 土から成るかたち−Part X(-8.5 岐阜県多治見市 多治見市文化工房ギャラリーヴォイス)(現代陶芸作品)
  水ノ流ルル2(-8.5 神戸 アトリエとギャラリー 晴空)
  台湾コンテンポラリージュエリー展「日常感知」(-8.5 兵庫県伊丹市 miitmiit)
  Art Court Frontier 2012 #10(-8.11 大阪 アートコートギャラリー)(美術関係者に推薦された作家の展示)
  尼崎アートフェスティバル2012(-8.12 兵庫県尼崎市 尼崎総合文化センター 美術ホール5F、4F)
  トマス・サラセーノ展「クラウド・シティ」(-8.31 東京 メゾンエルメス8階フォーラム)
  「隠喩としての宇宙」展(-9.1 京都 タカ・イシイギャラリー京都(第一会場)、ホテルアンテルーム京都(第二会場))
  岡田理展「何があっても/何もなくても」(-9.1 京都 TKGエディションズ京都)
  伊藤彩展「猛スピードでははは」(-9.1 京都 小山登美夫ギャラリー京都)
  コレクション展供“術の中のかたち−手で見る造形 祐成政徳展(-11.4 神戸 兵庫県立美術館)
  現代の写実。ホキ美術館名品展(-11.11 千葉県千葉市 ホキ美術館)(写実画)

  小林美幸ドールハウス展「和みの世界」(8.2-8.14 大阪 ART HOUSE)
  黒瀬剋展(8.4-8.17 神戸 ギャラリー開)
  ICC キッズ・プログラム 2012 パーフェクトロン(クワクボリョウタ+山口レイコ)ひかり・くうかん じっけんしつ(8.14-9.2 東京 NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] 4階特設会場)

(ネコ関連イベントの備忘録、京阪神中心)
 猫写真やイラスト、立体物など猫関連の展示があるイベントをリストアップしています。
 ネコメインのイベントではなくても知人のネコ関連の出展や注目している作家さんのネコ作品があればここに書いています。

  森野忠晋写真展「猫300%」(-8.6 大阪 猫の箱)(森野忠晋さんの猫写真)

  高橋行雄絵画展(8.1-8.14 京都 大丸京都店 美術画廊)(猫の絵)
  フォトパス みんなでつくるオリジナル写真集作品展(8/9-8/29 大阪 オリンパスプラザ大阪)(まつうらともこ(tontonm)さんの猫写真あり)
  ヒナタ雑貨市(8.10-8.27 大阪 雑貨と喫茶とギャラリーと ひなた)(ごとー猫首輪製作所さんの猫首輪)
  猫 Love 守口(8.16-8.21 大阪府守口市 京阪百貨店守口店 7階京阪ギャラリー)
  八二一ペット写真教室展(9.11-9.23 大阪 ギャラリーアルテスパーツィオ)
  OSAKAアート&てづくりバザールvol.10(9.15-9.16 大阪 大阪南港ATCホール)(猫屋芳樹堂さんの猫グッズ(9.16のみ))
  大黒浩子展「猫がいる日常」(10.23-10.28 京都 堺町画廊)

(ネコ見っけ!のコーナー)
 ネコメインではないけれどもネコ関連の作品がある展示会。
  ニャンニャンカーニバル たにかわ・こういち絵本原画展(-9.23 神戸 BBプラザ美術館)(猫イラストあり)

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<2012年度コレクション展供
 2012.7.7-2012.11.4 月休(月が祝の場合、火休)
 10:00-18:00 10:00-20:00(金土)
 一般500円 9/22まで半額
 兵庫県立美術館
 神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1

 毎年開催されている「美術の中のかたち―手で見る造形」が主目的。
 今年は祐成政徳氏のインスタレーション。

 空気を入れた大きく赤いクッションみたいなものが部屋に横たわっている。押すと跳ね返ってくる感触を味わう。

 正直言って、作品数が少なくて、ちょっと残念。
 一つの作品は巨大で、触り放題だったが、単調なので、多分すぐに飽きる。

 この企画で思い出に残るのは、小さな発泡スチロールのビーズに彫刻作品を埋めて、手探りで探し出せるもの。
 これは本当に楽しかった。

 来年に期待。

 常設の小磯良平の作品「斉唱」を見てきたが。今日の「美の巨人たち」がこの作品を扱っていた。

 ちなみに9月22日まで、クールスポット設置期間ということで、普通は一般500円のところが、半額の250円で入場できる。
 美術作品を扱っているため、エアコンが効いていないと感じる温度では決してないので、ちゃんと涼める場所になっていると思う。

 コレクション展は企画展と違って、そんなに人が入っていることはないと思うので、ゆっくりできそう。

 最後に、兵庫県立美術館の屋上にこんなものが。

美かえる@兵庫県立美術館
 「美かえる」という名前です。

 オランダの作家さんの作品らしい。幅10m.高さ8m。
 JR灘駅から南下してくると見えてきます。

<Ordinary Miracle展「いつか」>
 2012.7.16-2012.7.29 金休
 13:00-19:30 13:00-17:00 月 最終日16:00まで
 birdie photo gallery
 神戸市中央区元町通1-11-7 千成堂ビル4F

 sophie takakuさんと宮崎 shihiroさんが定期的に行なっている写真展。
 ここもお二人が運営されているギャラリーで今年2012年3月にオープンした新しいギャラリー。

 sophie takakuさんは本人の(明るい)イメージとは真逆の落ち着いた、どちらかと言うと重いイメージの写真。
 宮崎 shihiroさんは本人のイメージと合ったモノクロフィルムの落ち着いた感じ、そして重厚感のある写真。
 どちらも重いという表現をしたが、雰囲気はまた違うのが面白い。

 クラシックカメラを使った企画などがあるそうです。
 ご興味のある方は見物がてら訪れてみるのも面白いかも。
 ただし8月は休みらしいです。詳しくはウェブサイトを確認してください。

<Nana Hamada Solo Exhibition>
 2012.7.24-2012.7.29
 12:00-18:00 最終日17:00まで
 DELLA-PACE
 神戸市中央区北長狭通4-9-10 黒澤ビル1F

 細い金属のワイヤーをかぎ針で編んで作り上げたオブジェの作品展。

 以前、作品を拝見したとき(Duality@GALLERY 301(2012.3.3))は作品数が少なくて、ちょっと残念に思ったのだが、今回は作品も多く、作家さんもおられ、しかも作品を触れることもできて満足。

 編まれた作品は金属でできている事を忘れさせる柔らかさで、形もある程度変形する。
 先を持ってぶら下げるとその方向にちょっと伸びたり、そのまま地面に置くと、自重で縮んだり、その挙動が面白い。

 ワイヤー作品で困るのは写真撮影。
 DMなどで写真を撮ることは少なくない。
 写真ではなかなかこの魅力を伝えられないのは残念だとおっしゃっていた。

<水ノ流ルル2>
 2012.7.24-2012.8.5 7/30月休
 13:00-19:00 火-金 12:00-19:00 土日 12:00-17:00 最終日
 アトリエとギャラリー 晴空
 神戸市中央区海岸通4-3-13 ポートビルディング2F 215号室

 水をテーマにした作品展。
 私も写真で参加しています。もちろん猫の写真です。

 今回、特に目を惹いたのがいやまみわさんの絵本のイラスト。
 いや、そっちやないやろ、って言う面白さがある。
 実際見てもらったらわかります(笑)

 昨年も出されていた方の作品もグレードが上がって見応えがありました。

 そして、今日は出展者の五十嵐聖隆さんのコーヒー振る舞いがありました。
 コーヒーの香りが漂い、コーヒーを飲みながらお客さんたちが歓談する姿がいい雰囲気です。
 普段、コーヒーはあまり飲まない私ですが、いただきましたら、これまた美味しい。
 日頃こだわってはるのがよくわかりました。

ブログネタ
外のネコ2 に参加中!
ネコの暑さ対策。
 ここは日が当たらないだけでもいいところ。

-----------

 絶賛開催中の水ノ流ルル2@アトリエとギャラリー 晴空ですが、7月28日(土)に在廊する予定です。

 この日は出店者の一人、五十嵐聖隆さんがコーヒーを入れてくれるイベントがあります。

 15時くらいを目標に行きますので、よろしくお願いします。

ブログネタ
うちのネコ3 に参加中!
すのこの上のネコ。
 連日暑い日が続く中、うちのシマにも暑さ対策を。

 対策になっているのだろうか・・・。

-----------

 絶賛開催中の水ノ流ルル2@アトリエとギャラリー 晴空ですが、7月28日(土)に在廊する予定です。

 この日は出店者の一人、五十嵐聖隆さんがコーヒーを入れてくれるイベントがあります。

 15時くらいを目標に行きますので、よろしくお願いします。


ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<尼崎アートフェスティバル2012>
 2012.7.14-2012.8.12 火休
 10:00-17:00 入館16:30まで
 入場料一般500円
 尼崎総合文化センター 美術ホール5F、4F
 尼崎市昭和通2-7-16

 阪神間で活躍する現代美術家たちの作品展。
 作品を見たことのある作家さんの作品もちらほら。

 会場の外にも作品が3点あり、その中の一つが、南野馨さん/の陶芸作品だった。
 以前、作品を拝見したことがあって、もろ好みの作風だったので、とても印象に残っていた。

 今回の作品は正二十面体。
 結構大きな作品で、また見応えがある。
 それにしても、なぜ会場の外に置かれているのだろうか。
 搬入の手間とか?

 最近の私の傾向として、平面よりも立体に目が行くのだが、長谷川一郎さんの絵に惹きつけられた。
 水面、緑、そして空。
 目新しいことや、斬新さは特にないのだが、とても清々しい気分にさせてくれる絵だった。

 しかし、最も目を惹く作品が会場の外にあるってのもなぁ・・・。
 (入場料取られるので)

 以前、美術ライターの小吹隆文さんがツイッターでパンフに書かれていた「現代美術の理解云々」と言う記述に苦言を呈しておられたが、確かにそれは言えていると思う。
 わからなければわからないでいい。自分の中で何か引っかかるものがあればそれでいいんじゃないかと私も思う。

 でも、わからないものをこねくり回して、感想なりを書いてみるのも面白いと思ったり。
 「わからない」で終わらないで、もう一歩先に思いを進めるのもお勧め。

<堀健展「capsula」>
 2012.7.17-2012.7.29 月休
 12:00-19:00
 ギャラリーあしやシューレ
 兵庫県芦屋市親王塚町3-11

 医薬品のカプセルを使った作品展。

 カプセルの中の粉状のものが漏れ出ている作品やまるで爆発反応したかのような作品はカプセルの内容物の化学的、物理的側面を意識させているのだろう。

 そして、何と言ってもカプセルがよたよたと動く作品が面白い。

 磁石を使ってカプセルを動かしているそうで、早くもなく、遅くもなく、よたよたした感じだが、着実に動くカプセルたちを眺めているのは面白いし、何だか気持ちが落ち着くような気がする。

 ギャラリーの方と話をさせてもらっていたのだが、この作品って病院に置かれていたら面白いよねと言う話に。
 どこかの病院で置かないかな、これ。

 ここのギャラリーは今年2012年2月にオープンしたそうで、ギャラリーも扉部分の開口部が大きく、外光が入ってとてもおしゃれなところ。
 夜になると、扉部分のガラスが鏡のように展示物を写し出すとのこと。
 夜に見に来るのも面白そうだ。

<奥田善巳回顧展>
 2012.7.5-2012.7.31 水休
 10:30-18:00 最終日17:00まで
 アートスペース高瀬舟
 兵庫県芦屋市岩園町1-24

 抽象油彩画作品。
 キャンバスに乱雑に絵の具を載せた作品たちが壁に並ぶ。
 心象で筆を動かしているのだろうと思われる作品だが、そうではないらしい。しっかり考えられているそうだ。
 そう聞かされると、絵の中から文字みたいなものが浮かび上がってくるような気がしてくる。
 実際のところはどうなのかはわからないけれども。

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<「今村源・袴田京太朗」展>
 2012.7.21-2012.7.25 日休
 13:00-19:00
 ギャラリーノマル
 大阪市城東区永田3-5-22

 キノコの今村さんと輪切りの袴田さんの作品展。

 今村さんの作品。
 ゴミ箱の一部にいくつも丸く切込みを入れて、キノコ状に作っている作品が面白い。ゴミ箱からキノコが生えているイメージを見事に作り出しているところは見事。
 うまいことキノコを作り出すなぁ。
 地下にあるキノコの菌糸をイメージした作品も目を惹かれる。

 袴田さんの作品。
 布袋さんの木彫りとヒグマの木彫りを輪切りにしたものを交互に積み上げて何となくイケている木彫りを創りだした作品が何ともおかしい。

 袴田さんの作品を見ていると積分で立体の体積を求めましょうと言う問題を思い出す。
 立体をスライスして、そのスライスのそれぞれの体積を求めて積算するってやつ。

このページのトップヘ