ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とねんどろいど、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

2010年05月

大阪写真月間2010s
 大阪写真月間2010「写真家150人の一坪展」
いろいろな作家(高畑和浩さん)
2010.5.27-2010.6.2 11:00-19:00(last15:00)
大阪ニコンサロン
大阪市北区梅田2-2-2-13

香華 津田裕巳さん
 線香が燃え尽きるまでの連続写真、30枚。
 灰が花のように見える。

生きる 4 高畑和浩さん
 不審の眼
 ネコのこう言う眼もいい。
 人に心を許さない、それが生きるすべだと感じさせる。
 とても厳しい。

 全体的に明るさ、色が抑え目で、テーマである野に生きる野良猫の厳しさが伝わっていると感じた。
 同時にネコたちのユーモラスな姿も示すことで、ホッと一息つける写真の選択がよいと感じた。

View 坪井実紀さん
 まるで水彩絵の具で抽象画を描いているような写真。
 写真である意味があるのかと思うくらい。
 こちらが想像している以上の飛び抜け方なので、かえって感心する。
 多分、オレには思いつかない。

re-do vol101s
 「re-do」vol.1 DEMI&はやしみほこ猫写真展
re-do(DEMIさん、はやしみほこさん)
2010.5.28-2010.5.30 12:00-19:30(last17:30)
cherry's GALLERY
大阪市西区土佐堀1-1-5

 昨年まで「みけさま展」を開催していた「みけさま」メンバーのうちの DEMI さん、はやしみほこさんが新たに立ち上げた「re-do」の写真展。

 茶ネコがあくびをしている写真に目が行った。
 光がヒゲの存在を際立たせる。
 ネコってこんなにヒゲがあるんだなと改めて思わせる。
 顔もユーモラスでとても微笑ましい。

 撮影したはやしみほこさんとも話ができてよかった。

 ちょっと天井が低いのが気になったが、地下なのである程度は仕方ないかも。こじんまりした空間。

猫ふんじゃったな@チラシ2
 ねこ式
野呂哲也さん・ハリモグラさん
2010.5.25-2010.5.30 12:00-20:00(last18:00)
ギャラリーマゴット
大阪市西区新町1-8-24-7

 人とネコの組み合わせ。何げなくネコがいる、それがとても面白い。
 階段に男女二人とネコ一匹が並んで、バックから撮っている写真に目が行く。とても風情があっていい。

 女性のカメラマンがしゃがんで撮っている後ろでまるでシンクロしているようにいるネコ。これはとても面白い。

 かなりでっかい写真がはられていた。これくらい大きく伸ばしたい気持ち。これだけで圧巻。

 チラシにもあった口を半開きにしている白黒ネコ、やっぱりユーモラスだ。

 一枚の写真の中に物語がある。そういう写真を見ることができた。
 そう言う写真を撮ってみたい。

猫ちん01s
 猫ちん
いろいろな作家
2010.5.18-2010.5.30(5.24休) 12:00-20:00(last17:00)
ギャラリーパライソ
大阪市中央区西心斎橋2-10-27-3

ナカグチアヤさん。
 「笑顔でいて」− 優しく、柔らかな気分にさせてくれる絵。

Pさん。
 ユーモラスなネコイラスト。小さい作品だったがたくさん並べられていて、見ていると楽しくなってくる。

ブログネタ
外のネコ に参加中!
 今日もさいちゃんはゴキゲンです。

さいちゃんまったり。
 さいちゃんまったり。

さいちゃんと遊ぶ。
 さいちゃんと遊ぶ。
 さいちゃん、今日もたっぷり遊ぼう。

さいちゃん、何やってんの?
 さいちゃん、何やってんの?
 いつもいる場所なんだけど、何かしら面白いものがあるみたいだ。興味は尽きない。

さいちゃん、実は暗渠マニア。
 さいちゃん、実は暗渠マニア。
 側溝から暗渠に通じているトンネルはチェックせずにはいられない。

これさえなければ中に入れるのに。
 これさえなければ中に入れるのに。
 柵が邪魔で仕方がないらしい。

 みーちゃんのいるところ、今日はちょっとしたサプライズが。

オーバ、久々登場!
 オーバ、久々登場!
 今年2月くらいを最後にどこかへ行ってしまったオーバ。
 そのオーバが今日姿を現した。

 頭の上が傷だらけでオーバーコートの黒い毛が抜けて、頭が一見白くなっている。
 おれのことを覚えているようだが、警戒するのが先に立つようで、以前のように甘えることはなかった。
 ちょっと距離を保ってこちらを眺めていた。

ねっとり監視中。
 そのオーバをねっとり監視中のともちゃん。

これで私が誰かわかるまい。
 これで私が誰かわかるまい。
 いやいやみーちゃん、それはムリ。

落ち着いたちび。
 落ち着いたちび。
 ちょっとスリムになったね、ちび。

ブログネタ
外のネコ に参加中!
 今日最終日だった写真展2会場へ行ってきました。
 と言っても一度行っているところばかりでしたが。

 今日は強い雨が降ってました。
 こういう日は家でじっとしていてもいいのですが、まあ、外のネコの写真撮影も望み薄ですから、人の撮った写真を見るのもいいもんです。

 まずはギャラリーマゴットサイトーシンさんの「Trivial Scene vol.2」。
 サイトーシンさんが面白い格好をしてくれるというので、見てきました。
 展示写真とは雰囲気がかなり違う格好でとても面白かったです(笑
 次の個展にはさらにグレードアップするとのことです。

 次にomuさんの「マルタねこ」を見に、キャッテリアクラウドナインへ。
 金曜日食べ損ねたプリンも食べなければ。

写真のチェック。
 ふむふむ、この写真はすばらしい・・・。
 「マルタねこ」最終日、ダフネのチェックが入る。
 omuさん、ダフネがこの写真を絶賛してましたよ(笑

ちなみに。
 ちなみに、こんな感じでネコたちがくつろいでいました。

続きを読む

里親募集の猫たちのお見合い写真会01s
 里親募集の猫たちのお見合い写真会
2010.5.18-2010.5.23
11:00-19:00(last17:00)
ギャラリーボルベール
大阪市中央区淡路町3-4-13

 ここは猫ふんの他のギャラリーと違って、ネコの里親探しのための写真掲示である。

 ちょこさんところのかれんちゃんの写真もあった。

 ギャラリーにいた猫の幼稚園に関わっている人と、ネコを取り巻く環境について話をしていた。
 ネコを取り巻く環境は改善されてきたとは言え、まだまだ厳しい。

 この世のネコたちがみんな幸せになれますように・・・。

世界の終わり -映像の写真-
鶴泰宏さん
2010.5.18-2010.5.23
11:00-19:00
NADAR/OSAKA
大阪市中央区南船場3-2-6-B1

 ビデオカメラで街を撮り、それをモニターに映して、その映像をカメラで撮っている。
 写真にモニターの走査線やドットが見えて、確かに撮影者が意図している別の世界を見ているような錯覚に囚われる。

 村上春樹「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」の「世界の終わり」的世界を表現したと言う。

 (過去の)記憶のような頭の中の概念としての世界、そのようなものを想起した。

 BGMがこの世界観に実にマッチする。

 村上春樹「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」ときくと思い出すのが、灰羽連盟。
 作者の安倍吉俊氏もこの小説から影響を受けたと言う。
 もっとも彼はグリの街の構造についてだったが。

続きを読む

 5月23日まで絶賛開催中の「マルタねこ」。
 omuさんの渾身の作品が展示されてます。

 しかし、ここは写真じゃないネコもいる・・・。
 ここは猫カフェ、キャッテリア クラウド ナイン だから。

続きを読む

熊田千佳慕展01s
 熊田千佳慕展
熊田千佳慕さん
2010.4.10-2010.5.23 10:00-18:00
伊丹市立美術館
伊丹市宮ノ前2-5-20

 細かい。毛の一本一本もしっかり描いてある。
 甲虫の羽の筋、透けて見える表現がすばらしい。

 ナゲナワグモが描かれていたのが印象に残った。
 糸を張るのではなく、振り回して獲物をとるとても変わったクモ。

 外では虫をじっと観察して、頭に叩き込む。標本や死体が手に入ればそれを観察。

 見るだけではダメ。
 見て、見つめて、最後に見極める。
 納得してから描き始める。

 もう100歳手前なのに、メガネもかけず、虫メガネも使わずに、裸眼で虫の観察をする。

 使う筆は一本、点描画のように描いていく。
長いものでは数年かかることも。

 この歳でそこまで集中できることがすごい。
 どこまで昆虫が好きなんだっていうくらい。

マルタねこ01s
 マルタねこ
omuさん
2010.5.11-2010.5.23
12:30-20:00(火 -木)12:30-21:30(金・土)15:00-21:00(日)
catteria cloud nine
大阪市淀川区東三国 1-25-10

 omuさんと言えば、しめじが有名だけど、今日はマルタのネコの写真展。

 「マルタねこ」期間中特別メニューのシシリア風パスタを注文し、ネコ部屋に入る。

 早速、羅門がテーブルに乗って寝転ぶ。
 写真見てるどころじゃない!

 そんな時にパスタが出来上がる。
 後ろ髪を引かれる思いで部屋を一旦出る。

 そそくさと、シシリア風パスタを食べて、部屋に戻る。

 また、羅門が目の前のテーブルでくつろぐ。
 やっぱり写真見てる場合じゃない!

 と言いつつ、周りを見渡すと、地中海の明るい光に照らされて生き生きとしているネコたちの姿。
 なんとものんびりとした雰囲気。

 白黒ネコが首を振って耳が揺れている写真が面白かった。
 平太の写真でも同じようなのがあったな。

 マルタ島、行きたくなってきた。

world,My World01s
 [World,My World]
濱野真由美さん
2010.5.17-2010.5.22 13:00-20:00(last17:30)
そら
大阪市中央区谷町6丁目 4-28

 「Night」と言う作品が目を惹いた。
 円錐の中は夜。
 自転車でトンネルの中に入るような不安な気持ちがわいてくる。
 しかもどこまで続くのかわからないのだ。
 はがき大のイラストだったが、とても奥が深い感じがした。


invitation01s
 invitation
鈴木百絵さん
2010.5.17-2010.5.22
13:00-20:00(last17:30)
sora+
大阪市中央区谷町6丁目4-28

 薄いラッピングペーパーを重ねて表現。色の重なり方が絶妙。
 「Thank you」と言う作品が目を惹く。
 ピンクの紙を重ねて作ったカーネーションの表現がとてもキレイ。
 メッセージカードなんかでこれをもらうととてもうれしい。

ミドリと猫展01s
 ミドリと猫展
リーダーさん、michiさん

2010.5.21-2010.5.30 11:00-19:00(last17:00)
Little Birds
大阪市中央区安堂寺町1-5-1

 多肉植物とフェルトのネコと言う取り合わせが面白い。
 フェルトのネコは結構大きい。芯もなく、フェルトのみで作られている。
 とても力が抜けていていい感じ。

 多肉植物の多様さに驚く。

このページのトップヘ