ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とねんどろいど、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

2006年06月

ブログネタ
猫との生活 に参加中!
 ここのところ、とても蒸し暑い。
 うちの部屋にはクーラーと言うものがないので、ネコたちには今年もこの暑さに耐えてもらわなければならぬ。

 でも、ちゃんと涼しいところってのは見つけてます。それはベランダ。
 床に寝転ぶと、結構気持ちがよい。

 今日もクロが気持ちよさそうに寝転んでいます。
ネコはやっぱり気持ちいいところが好き。クロ
 ここは外の空気も吸えるしね、うちの中ばかりじゃなんだか息詰まる。

 でもね、部屋の中も意外に涼しかったりします。
 ドアの下の隙間から涼しい風が吹き込んでくるのです。

 シマ、こっちも気持ちがいいよ。
ネコはやっぱり気持ちいいところが好き。シマ
 えっ、ほんま?
 ・・・・・知ってるくせに。

 京都に行ってきました。目的は「印象派と西洋絵画の巨匠たち展」(京都文化博物館)と「藤田嗣治展」(京都国立近代美術館)を見るため。

 ついでに京都散策をしようかと思っていたのですが、あいにくの雨。この雨じゃネコも出て来やしない。

 でも、ネコはたくさん見ることができました。藤田嗣治がたくさんネコを描いてくれていたからです。

 藤田嗣治と言えば乳白色の肌らしいのですが、私はそれよりもネコがいい(笑
 ネコの顔を下から眺めたところ、上からネコがにらんでいて、口が「く」の字になっているところがとてもいい。なんか見得を切っているって感じがいい。

 もう一方の「印象派と西洋絵画の巨匠たち展」は展示作品数が少なめ。
 印象に残ったことは「結界」。

 「作品防護のため、結界を設置しています。」と柵の横の壁に貼り紙がありました。
 美術館に絵を見に行ったとき、鑑賞者に近寄って欲しくない絵には前に低い柵みたいなものが置かれることがよくあります。
 ここ、京都文化博物館ではその柵を「結界」と表現していたのです。

 「結界を張っています。」と書いてなかったことは残念に思う。

 そう言えば、以前誰かが指摘してくれたような気がしますが、藤田嗣治が顔の横に抱えているネコを見るとクロみたいな感じ。

 またまたそう言えば、美玉屋の黒みつ団子を食べました。
 駅から離れていて、小さな店なのに客がどんどんやってくる。並んでいるわけではないが、客が途切れないくらいの人気ぶり。
 食べてみて、客がどんどん来るのも理解できた。
 めっちゃおいしかった。

このページのトップヘ