ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とねんどろいど、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

 仕事を終え、即行、昨日行った神社の横のネコスポットへ駆けつける。
 ネコがたまってるなぁ。でも子ネコたちが見当たらない。残念だ。
 このネコ、結構きれいな感じだったが、どうだろう。

ネコだまり。

 ちと暗くて見にくかった・・・・。

 夜、定点観察地にはネコを見つけることが出来なかった。まだここらへんにいることはわかってるのだが・・・。出てこないのは気候が変わったせいもあるのだろうか。

 その代わりといってはなんだが、帰宅途中、ネコを見つけた。

 黒と茶色と白のまだ小さい三毛。そのネコは歩道の真ん中にちょこんと座っていた。そのシルエットを見たおれは、できるだけ脅かさないように忍び寄る。

 すると、なんとネコのほうからこちらへ向かってくるじゃないか。そしておれのそばにちょこんと座る。
 おれも腰掛けてみる。このネコは時々ひざの上に飛び乗ってきたりする。もちろんなでなでしておいた。

 しかし、おれとの蜜月期間は長くは続かなかった。
 しばらくすると、ひょこひょこ歩き出し道路の方へ。車が信号待ちをしているところへ歩いていく。
 信号が変わって車が動き出す。そういうときに車のそばを平然と歩いていたりする。

 危なっかしい・・・。

 安全なところへ連れ戻したのはいいが、またもや歩いていく。今度はある会社の敷地内へ入ってしまった。

 そこでは、従業員が荷物の積み下ろしなどをしていた。その中へ堂々と歩いていく。従業員たちも突然のかわいい闖入者を歓迎しているようだ。

 果敢にも危険なところへも入り込む、好奇心旺盛なこの子ネコはとりあえず「特攻野郎Cチーム」とでも呼んでおこう。

 助けを借りたいときは、いつでも言ってくれ!

おれ(たち)特攻野郎Cチーム!
 大統領でもブン殴ってみせるにゃ。でも、飛行機だけは勘弁にゃ。

 (参考) 特攻野郎Aチーム

 歩いて帰る。今日はバスのルートを大幅にはずしてみる。

 神社の周りに、ネコがたむろしているのを発見。
 その中でも、小さい子ネコたちが3、4匹もいる。とてもかわいらしい。

 撮影しようとしても、すぐに逃げてしまい、この暗さでは撮影が難しい。まともに撮れたものはほとんどなかった。

 そのまともに撮れた写真がこれ。

神社ネコ

 子ネコの写真を撮りたかった。

 朝、定点観察地で久しぶりに子ネコを見かけた。草むらの中をちょうちょを追って、遊んでいた。
 とてもいきいきしている。こういう姿を見ると元気になる。

 草むらから出てきたところを撮影。

草むらからひょっこり。

 定点観察地にネコを見に行った。

 今日は子ネコ2匹だ。その2匹がしきりに下をのぞいているので、何かと思ったら、親がいた。そして、3匹は合流し、草むらの中へ消えていった。

何のぞいてんの?

いろんな花がある。

 いつも行くバス停のそばに花壇がある。そこにはいろいろな花が植えられているのだが、その中でひときわ気になる花がある。

 上に積み重なったような黄色い花びらみたいなのがあり、中から白い花びらが飛び出している花、形が面白くていつも眺めてるのだが、名前がわからない。

 赤いふさふさしたのは、キャットテール、ネコのしっぽみたいなの。これもかわいくていいね。

 朝、なんやかんやしているうちに、いつも家を出ている7:50が過ぎてしまった。仕方がないので、次の列車に合わせて、7:57に家を出る。
 ところが、思わぬことが。

 なんだか、ネコの鳴き声がする。子ネコの鳴き声だろう。探すと、こんなところに子ネコが。

朝からうれしいことが。

 おれを見ても逃げない。手を出してみても逃げようとしない。
 この子1人だけなのか? 親は見当たらないが、どうしたか。

 後ろ髪を思いきし引かれるのを振り切って、駅へ向かった。
 乗ろうとしていた列車が、駅を出るところだった。
 次の列車まで、ちょっと間が空く。即行、子ネコのいるところへ戻る。

 次の列車に間に合う時間まで子ネコを眺めていた。

 かわいいなあ。

 帰りの電車の中で、愛人[AI-REN]第5巻を読み始めた。
 途中で読めなくなった。途中で本を閉じ、上を向き、そしてまた本を開いて読む。

 最寄の駅に着いた。乗っていた列車は最終。もう列車も来ないし、客も来ない。
 改札を出て、階段を下りたところの手すりに腰掛け、最終回を読む。辺りには誰もいない。

 どうしても、おれはハルカを中心に読んでしまう。最終回をハルカがイクルの家へ行って、回想する話にしたのは、おれとしてはよかった。
 イクルを昔から見守り続けてきたのはハルカだから、最後を締めくくるのはハルカがふさわしい。

 イクルとあいの子供が目を覚ますとき、ハルカが直感でわかり、イクルの家から走っていくところ。桜の咲く、あの庭のシーンがとても気に入った。ひまわりの咲くところも好きだけど、桜のシーンもいいね。

 第3、4巻あたりで、どこか遠くへ行ってしまったような感じのハルカだったけど、また戻ってきてくれたような。

 読んだ後、力が抜けた。ついに終わってしまったかという気持ち。読むのを躊躇してしまっていたのも、なんだか読んだら終わってしまうような感じがして。

 初めて愛人[AI-REN]第5巻を読んだ。嬉しい。嬉しい。
 これはきっと特別な事だ。
 神様が私に遣わしてくれたんだ。
 うんと優しく読んであげよう。
 ずっと一緒にいてあげよう。
 今度こそ、私はハルカみたいに
 良いスイックスになるんだ。

 田中ユタカさん、どうもありがとう。

 24時間営業のゴルフ打ちっぱなしが、突然閉鎖された。そして、後にはマンションが建つという。
 かつては役に立っていた高い鉄塔、これを取り除くのは大変な作業だ。高いクレーンで吊り下げながら、ジョイントを人力ではずして分解していく。
 ほんま、こういう厄介なものはなかなか取り除けない。

ゴルフ打ちっぱなし練習場解体。

 そういう人を見た。

 大阪に向かった。今日は友人と食事。
 まずはでっかい某J書店へ。やっと愛人[AI-REN]第5巻を買うことができた。
 ここに来て、本がなかったら、ほんとどうしようかと思ったよ・・・。あってよかった。

 今日の夕食はベトナム料理。ベトナム料理はおいしいねぇ。
 難を言えば、ベトナムのお好み焼きみたいなものを食べたのだが、それについてきた野菜や香草が多すぎ。これは全くなくてもよかった。お好み焼きはおいしかったのに。

 友人いわく、「野菜や香草をかじってたら、ウサギになった気分」とのこと。ウサギになりたい人はどうぞ。

 仕事が終わってから、歩いて会社近くのバス停まで行く予定だったが、そのまま歩いて駅まで。
 (会社からは、通常、バスと電車を乗り継いで帰るのです。)

 途中で気になる花を見つけたので、写真を撮った。

ランタナ

 ランタナ、というらしい。

 駅まで約45分かかった。ウォーキングするなら、やっぱりこれくらいの時間は歩かんといかんな。


 定点観察地でネコを探す。いつもの親子ネコが全く姿を見せない。残念。
 周りを見ていると、ネコを見つけた。

ねこのうしろすがた。

 後ろから激写。

目覚めた朝に、誓いを立てろ。

 今日は絶対ネコを見るぞ。そう心に誓いながら、暗くなってからネコが出てくる場所へ行く。
 よかった。今日はちゃんといたよ。3匹そろってたよ。
 子ネコが端の方に座っている。もっとこっち来てよ〜。

 夕方、定点観察地でネコを探す。いない。暗くなってから出てくる場所をしばらく見ていたが、出てこなかった。
 ○| ̄|_

 定点観察地の近くにあるショッピングセンター内の書店へ、今日発売の愛人[AI-REN]第5巻を買いに行った。2年くらい待ちかねたコミックの発売であった。
 新刊コミックの棚を見てまわるが、ない。他の棚も見てまわるが、全然ない。
 なんということだ・・・・ ○| ̄|_

 ここの書店は品揃えが悪い、という結論で、次へ行こう。


 家の最寄のショッピングセンター内の書店にはあるだろう。以前、ここで第4巻を買ったはず。

 新刊コミックの棚を見るが、ない・・・。ほかの棚にもない・・・。
 本当に、なんと言うことだ・・・・ ○| ̄|_

 ここの本屋は信じていたのに。


 ショッピングセンターを出ると雨が降り出していた。風もきつい。台風が近づいているせいだ。

 最後に家の近所の書店へ行ってみよう。ここは愛人[AI-REN]のコミック全4巻が置かれていたはず。第5巻が置かれてある可能性は高い。

 ここでも、新刊コミックの棚、他のコミックの棚を見てまわるが・・・ ない。
 ここは、まだ良心的で、愛人[AI-REN]第1巻から第4巻までが並べられていた。

 しかし・・・なぜ、第5巻がないんだ! なんと言うことだ・・・ ○| ̄|_

 風雨もきつく、失意のまま帰宅した。外の雨はきっと涙雨だ。

 夕方、いつものようにネコを見に行く。

 定点観察地と暗くなってネコが出てくる場所、両方ともいない。

 暗くなってから、また見に行く。

 なんと、いないじゃないか・・・。なんと言うことだ・・・。

 雨が降ったりやんだりの天気のせいかな、仕方ないのかな・・・。今は雨やんでるのに。
 がっくりして、もうそろそろ帰ろうかなと思った。

 ホームで電車を待っていると、ネコがいた。
 神様ありがとう、ぼくにネコを見せてくれて。

新顔
 見たことないネコだな。新顔かな?


 再び例の場所に行ってみた。これでいなければ、今日は帰ろう。
 しかし、天はまたもや、われに味方した。

 しかも、久々の3匹じゃないか。
 疲れもぶっ飛びましたよ。これで。

久々の3匹

 しかも、子ネコ2匹が並んで香箱座り。

香箱座り

 今日はいい気分だ。

 今朝もネコがいない。全くどうしてしまったんだろう。

 夕方にいつものように定点観察地へ行く。今日もいない。
 しばらく眺めていると、例の子ネコが1匹、下から上ってくるのを見つけた。こうやってここにやってきていたのか。

クライミング

 しばらくこの子ネコの写真を撮っていた。まだ明るいうちでよかった。
続きを読む

 いつもの定点観察地、またもやネコがいない。暗くなってから出てくる場所にもいない。仕方がないので、しばらく時間をつぶす。

 しばらくして、またネコを見に行ったが、やはりいない。

 しばらく眺めていよう。

 駅に列車が入ってきた。見ると、行先表示が間違っている。まるきり反対側の駅の名前が書かれていた。
 その列車が駅を離れて、いつものネコが出てくるエリアに目を戻すと、知らない間に、あの子ネコがいた。

 いつのまに・・・・。早速駆けつける。

ロンリーワン。

 今日も1匹だね。1匹でも出てきてくれてうれしい。でも、他のメンバーはどうしたんだろう。それが心配。おれはみんなの顔が見たい。

 夕方、外に出た。

 歩いていると早速ネコを見つけた。写真を撮っていると、どこぞの女の人がわざわざ自転車を降りて、ネコに近づいてくる。何枚か写真を撮ることができたから、まあいいかとその場を離れた。どんな女の人かはほとんど見てないからわからない。

近所ネコ1

 もより駅のほうを見ると、列車が行ってしまった直後だった。久々にきょろちゃんを見ようと思って探してみたが、見当たらない。しかし1匹ネコがいたので撮影しておいた。

近所ネコ2

 いつもの定点観察地、そして暗くなってからネコが出てくるところを見たが、ネコがいない。

 暗くなってからまた見に行くと、またもや子ネコ1匹。他のメンバーはどうしたの?

 なんだか寂しげに見えるのはおれだけか?

寂しいにゃ。

 ショッピングセンターの屋上に出てみた。ちょうど山に夕日が隠れた直後らしい。空に浮かぶ雲が流れ、秋を思わせる。

 ふと他の方向を見ると、白い物体が空を横切っている。なんだろう。
 飛行機ならば、飛行機雲が出ていてもいい。実際、その近くを飛んでいた飛行機からは飛行機雲が出ている。しかし、その物体からはなにも見えない。

 やがて、その白い物体は東の空へ去っていった。

なんだろう?

 ウイルス:対策に疫学や生態学を応用 米大学

 コンピュータウイルスの対策に、現実にあるウイルスに対する手法を使おうという試み。

コンピュータウイルスと現実にあるウイルスにはかなり共通点があるようだ。共通点が多いからこそ、こういう名前がつけられたのだろうけど。

 インターネットを一つの生態系と捉えて考えるってのは興味ある。
 ここの研究がまたフィードバックされて、現実のウイルス対策にも役立っていくのかもしれない。

 いつもの暗くなったら出てくる場所に、ぽつんと子ネコが1匹座っている。
 今日も接近を試みる。かなり近くまで寄ることができたが、手を出すとやはりかわされる。

退屈だニャ〜。

 きょうだいがいないと退屈だニャ〜、とばかりに欠伸を一つ。

 まだ明るいうちだというのに、子ネコ1匹が暗くなってからのたむろ場へ出てきている。

 川のほうを眺め、まるで親ともう1匹の子ネコを待っているようだ。

 明るいうちに出てきてくれると、こちらとしてはうれしい。少しずつ接近して撮影していく。
 久々のアップを撮ることができた。これだけ近づけると、かなりうれしい。

 しかし、手を出してみるも、そっぽ向かれてしまった。なかなか仲良くはなれないね。

まだ来ないようだね。
 「みんな、まだ来ないのかな。」

 まだ来ないようだね。

 仕事が終わって、いつものようにバス停まで走る。

 バス停に着いてから気がついた。今日は休日で、ダイヤが違うかも知れない。
 案の定、ダイヤは違っていて、走っても間にあわなそうな時刻にバスは来ていたようだ。

 次のバスまでちょっとあるから、向かいのコンビニで時間をつぶそうと思ったのが運のつき。ふと道路を見ると、乗ろうとしていたバスが通り過ぎていく。

 おれは思わず走って追いかけた。バスが信号に引っかかって止まっていたから、余計追いつけると勘違いして、走り続けた。
 しかし、バスとの距離は無情にもどんどん大きくなっていく。

 “次のバス停でちょっと長い時間止まってくれたら、追いつけるかも。”

 そう思って、次のバス停を見ると、客がいない・・・。
 バスはそのバス停を通り過ぎていく。もう追いつけない。


 走り疲れて、とぼとぼと歩道を歩いていると、道の側溝の中に赤いものが。
 よく見ると、アメリカザリガニだ。これでもかと言わんばかりに、あちこちにうようよしている。

 思わずカメラを取り出し、写真を撮り始めた。
 ザリガニたちは水の中なので、水面で光が反射して撮り難い。かと言って、水面に近寄ると、それを察知してザリガニたちは逃げる。なかなかうまく撮れない。

 人が通り過ぎるのを気にせずに(ちょっと気になるが)、側溝にうずくまるようにして撮影していく。うまく写っていればいいが。

 何とか、何枚か撮れたようだ。次のバスが見えたので、バス停へまたもや走っていった。今度はちゃんと乗れた。


 それにしても、いい被写体を見つけたもんだ。思えば、ザリガニを見つけたところは、歩いて通ることは全くないのだから・・・。

 人間、万事塞翁が馬、やな。

人間、万事塞翁が馬。
 写り悪いな・・・・。

プレイタイムだ!

 今宵の子ネコはよく動きよる。

 いつもたむろしている場所の横に地下通路の階段があるが、そこで2匹でじゃれあって遊んでいる。

 1匹がこちらを眺めていたので、上から写真を撮った。続きを読む

このページのトップヘ