ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とねんどろいど、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

 駅の定点観察地、ネコが出没しているのだが、撮影しにくいところにいる。時間をおいてもう一度来て見ると、いつもの場所にネコが集まっている。
 しゃがみこんで、ずりずりとネコに近づく。

 最近やってきた新親子ネコの子ネコ2匹が実にかわいらしい。子ネコは1匹だけでもいい被写体なのに、2匹集まるともうたまらんほど面白い動きをしてくれる。
 しかし、今は夜。動き回られると撮影できないんだよね。でも、子供たちには動き回ってもらいたい。でも、ちょっと止まる時間もくれ。
こねこ。

 見ていると、子ネコ2匹でじゃれあい始めた。それを「子供は元気だな」と言わんばかりの目で近くで見ている親子ネコの子供2匹。
「お前らも半年前はこんなんやったんやで」と心の中で彼らにつぶやいた。

 一通り撮影して、この場を去るとき、なにやらガリガリと音がする。まるで空き缶をおっさんが足でつぶしているような感じ。見ると、ネコが発泡スチロールのトレイで爪とぎをしていた。

 朝、神社でネコの写真を撮る。
 子ネコを見つけるも、逃げられてしまった。しかしあきらめずに逃げたところへこっそりと近づき、気づかれた後も徐々に間合いを詰めて、やっと撮れた。
逃げるネコ。

 夜、駅の定点観察地、今日もネコを見なかった。
 今日は少し時間をずらして、再びやってきたが、ネコはいない。残念なことだと思い、帰ろうとしたが、よく見ると、草むらに2匹のネコたちがいるのを見つけた。
 写真を撮りつつ、徐々に近づく。寒いせいもあり、動きは鈍そうだ。
寒いネコたち。

 公園の横を通りかかる。ここはネコが数匹いるスポットである。
 いつものようにネコを探して、公園の方を眺めながら歩いていると、突然何かにぶつかった。その拍子にメガネのレンズがころんと落っこちた。
 見ると、電柱だった。まるでマンガの1シーンのような感じ。

 メガネがないと、景色が見えない。ネコも探せない。散歩する楽しみがなくなってしまう。メガネのありがたさがわかった。

 ちなみにつぶれたメガネはこちら。
つぶれたメガネ。

 幸いなことに、眼鏡屋ですぐに直してもらえた。これくらいの修理はタダでしてくれるんだな。

 NHK教育でベートーヴェンの第九の演奏会を放送していた。数年前、第九の合唱に参加したことがあり、この交響曲には思い入れがある。

 曲を聴くとその当時を思い出す。一心不乱に詞と曲を覚えて歌い、時間を惜しんで練習していた。
 おれが一心不乱になって取り組んだ数少ないイベントだった。
 その頃は第九の演奏会をいくつも聴きに行ってたっけ。合唱が始まる頃に起立しそうになったりしてな。

 最近は演奏会に行くこともなくなってしまった。
 一心不乱に取り組めること、最近ないな・・・。

 家の近所を歩く。駅のあたりをうろうろしていたら、久しぶりにきょろちゃんを見た。
 ますますデブさ加減に磨きがかかった感じ。愛想がいいのは変わっていない。
 しかし、突然離れていったと思えば、マンションの1Fのベランダにもぐりこんでしまった。
きょろちゃん登場。

 神社へ向かう。ネコがぜんぜんいない・・・。
 そのまま北上する。以前来た散歩道へ。

 何匹かネコを見る。撮影しようとすると、足元へ寄って来るので実に撮影しにくい。寄ってきてくれると触れるしとてもうれしいんだけどね。

 さらに北上する。すると1匹のネコが出てきた。おお、さいちゃんじゃないか。一通り写真を撮った後、その場を離れた。

 すれ違う人がこちらを見て笑いながら通り過ぎて行った。何事かと思い、ふと足元を見ると、さいちゃんがずっとおれの後をついてきてた。これを見て笑ってたのか。おれも思わず笑ったよ。
 ずっとついてくるので、また相手をさせてもらうことに。

 手を差し出すと、おでこをぶつけてくる。そして手をなめだした。
 そうしているうちに、がぶっと咬み付いて来た。
今日もかみねこ。

 いつもの神社、黒い縞ネコが今日はなついてくる。
 手を差し出すとその手にアタックしてくる。それに乗じてネコを触りまくる。なんか久しぶりだ、ネコを触るのは。
 調子に乗って顔の前に手を差し出していたら、指を咬まれた。甘咬みだけど。
かみねこ。

 朝、いつもの神社でネコを撮る。平日の習慣となってしまった。
まねきねこ。
 招き猫かと思ったら、後ろ足で招いていた。
 招き猫にしては挑戦的な顔だが、まあいいか。

 駅にネコがいなかったので、そのまま神社へ行く。
 日向ぼっこしているネコたち。
日向ぼっこネコたち。

 民家の2階の窓にネコの姿が。
深窓の麗猫?

 夜、駅の定点観察地で撮影。親子ネコと新親子ネコ。
親子ネコ。
 親子ネコ 子ネコたち、もう親も子もわからないほど大きくなった。

新親子ネコ。
 新親子ネコ 黒っぽい子ネコが2匹のネコの向こうに隠れてるが頭が見えてる。

 朝、神社に行く。
 このネコ、まるで見張り役のように周りを伺っている。
 このネコはいつもカメラを構える前から逃げてしまう。しかし今日は巧みに近寄って撮影に成功。
見張り役だ。

 夜の定点観察地、あのミケが昨日子ネコがいた場所に座っている。子供はどこにいるの?
ミケです。

 駅の定点観察地、親子ネコが3匹そろって寝ていた。
3匹の寝るネコたち。

 その近くにニューフェイスの2匹の子ネコがちょこんと座っていた。どうしてもそちらに目が行く。
 はじめは2匹とも並んで座っていたのだが、白っぽい子ネコが黒っぽい子ネコに乗りかかってしまった。
おれが偉いんだぜ。

 重さに耐えかねた黒っぽい子ネコは逃げてしまい、白っぽい子ネコは退屈だったのだろう、1匹で自分のシッポ相手に遊びはじめた。
 それがとてもかわいくて面白かったので、写真撮るのを忘れてつい笑ってしまった。すると、それに怒ったのか、目を見開いてこちらをにらんでくる。
笑うな〜。

 近所の公園で黒ネコの親子の写真を撮る。
 親ネコが子ネコとじゃれているのがかわいい。こちらの存在に気がつくと、さっさと逃げてしまうのが残念。ノラネコとおれ、歩み寄れない大きな溝がある。
黒ネコの親子

 駅の定点観察地でネコを観察。
 冬場は昼間でもネコが日向ぼっこしてくれているから助かる。
 ミケの子供がいる。どうしても子ネコに目が行ってしまう。仕方がない、かわいいんだから。
 子ネコ2匹がいるところをついに捉えた。
定点観察地の子ネコ2匹

猫に鰹節
猫に鰹節
 猫のそばに好物である鰹節を置くこと。安心できないことのたとえ。(三省堂 大辞林より)

 路地でネコを見かけ、即撮影する。
 今持っているデジカメはデジタルズームを含めて6倍までなので、鮮明に撮ろうとすると、向こうがこちらの存在に気がつく距離でしか撮影できない。
 相手が気がつかない表情も撮ってみたい。そうなるともっとズームが欲しい。
路地ネコ

 JR伊丹駅の定点観察地でネコを見かけたので、撮影に行く。
 今日はなんと6匹いる。増えた1匹はミケの子供。以前に撮影に成功している子ネコだ。
 かわいい仲間が増えて、なんともうれしい限りだ。
 以前からいる親子ネコの子ネコがたくましく見える。「子ネコ」と言う表現が合わなくなったな。
定点観察地ファミリー

 今日、2004年11月19日に受けた人間ドックの結果が来ました。
 結果は、検査したすべてがA。つまりすべて異常なし。
 健康な身体ってもんはありがたいもんです。

 子供のときは喘息を患っていたせいもあって、かなり病弱だったんですが、おかげさんで健康な体になりました。これからも健康に留意したいと思ってます。

 朝、駅に着いて、改札を入ったとき、頭の上を小さな物体が改札の外へ向かって飛んで行き、ぶつかる音とともに床に落ちた。
 よく見るとスズメだ。駅のコンコースに迷い込んだらしい。
 スズメはガラスなんてわからないから、そのまま思い切り飛んで行って、頭をぶつけるというわけだ。

 このままでは何度頭をぶつけるかわからない。改札を出て、スズメを捕まえて外に逃がそうと思ったが、捕まえる寸前のところでまた飛び立たれてしまった。

 案の定、またガラスに頭をぶつけて、背中から落ちてきた。
 今回はなかなか動けないようだ。即、捕まえて、外に出た。

 木が植わっているちょっと高くなったコンクリートの台の上にスズメを乗せ、しばらく見守ることにした。見守る以外のことはできないけど、スズメが無事に飛び立てるまで見ていたい。

 じっと見ていたが、目は見開いたままで時々瞬きをする程度、くちばしは半開きの状態で、全身が痙攣している。果たして元に戻るのかと心配だった。
 しかし、5分ほどすると、普通のスズメのように地面を飛び跳ねて移動し始めた。そして、しばらく飛び跳ねた後、羽ばたいて行った。

 それにしても無事でよかった。
囚われの?スズメ

 朝、神社でネコを撮る。
 ネコたちが毛づくろいをしている。まるで柔軟体操のようだ。
 イッチ、ニ、ニャン、シ  ニー、ニ、ニャン、シ。
柔軟体操?

 定点観察地を陸橋から見ると、ミケが毛づくろいをしているのが見えた。毛づくろいをしている相手がいるようだ。
 2004.12. 5(sun)に見た子ネコがいる。やはりあの時おれが見たのは2匹の子ネコだったんだ。
 撮影のとき、ミケと白っぽい子ネコはこちらを向いていたのだが、黒っぽい子ネコが奥の方に隠れてしまい、写せなかった。
 という事で、駅の構内から撮ってみる。黒っぽい子ネコを確認できた。黒っぽい子ネコの写真は省略。
新親子ネコ

 夜、定点観察地を見ると、ネコが5匹いる。昨日と同じ面子だ。
 ここもにぎやかになる。これからも見逃せないスポットだ。
5匹のネコたち

 今朝は曇り気味。駅の定点観察地にネコはいなかった。
 神社に行っても、ネコが少ない。日向ぼっこできないから、どこかに隠れているのだろうか。

 夜に駅の定点観察地へ行く。
 今日は5匹もいる。ガードレールの下の4匹だけだと思っていたのだが、左側のパイロンの左側に黒ネコが1匹いる。
たむろするネコたち。

 観察していると、子ネコの前をガガンボ(でっかい蚊みたいな虫)が地面すれすれに飛んできた。それをその子ネコがすかさず捕らえ、食べてしまった。
 野生の一面を感じさせるシーンだった。

 子ネコがガガンボを捕らえたとき、あのミケもすかさず子ネコの横に陣取った。何か捕らえたことを察知したのだろう。

 朝、駅の定点観察地を陸橋の上から見ると、ネコがいる。いつもの親子ネコの子ネコ1匹と、もう一匹小さいネコがいるような気がした。
 昨日、小さな子ネコを発見しているので、そのネコがいるように見えた。

 急いで現場に駆けつけたが、小さなネコはいなくなっていた。これは幻だったのか?
 ともかく、その場にいる子ネコを撮る。そこで、デジカメのバッテリ容量がもうないことに気が付く。昨日はまだあったのに。スイッチが切れないように急いで撮る。

 朝、ネコたちをここで見かけることはあまりないので、今日はラッキーだ。
定点観察地の子ネコ。

 神社でネコを撮る。今日はネコがそろってる。
神社のネコたち。

 夜、いつものように駅の定点観察地でネコを撮る。今日は親ネコと子ネコ1匹が陣取っていた。
定点観察地の親子ネコ。

 今日もお疲れ様でした。

 21:00頃にチャンネルを変えていると、眠狂四郎の姿が。もちろん市川雷蔵。
 久々に眠狂四郎を見た。テレビ欄を見ると、20:00から放送していたらしい。昔、よく深夜にやっているのを見ていたが、こんなに早い時間にやっているのはおれは記憶にない。

 それにしても、市川雷蔵の眠狂四郎はかっこいい。
眠狂四郎(市川雷蔵)

 今日放送していた映画も、昔、深夜に見たことがある。鰐淵晴子がとてもきれい。ハーフかなと思う顔立ち。調べると、思ったとおり、日本人とドイツ人のハーフだそうな。

 11:30過ぎに出かけた。今日は昨日の雨がすっかり上がって、とてもいい天気。ただし風がきつい。
 近所の公園にいる黒ネコを撮る。今日はいい天気なので、日差しがまぶしい。太陽が雲に隠れていい感じの明るさになったところを見計らって撮影。
黒ネコおやすみ。

 所変わって、いつもの駅の定点観察地、こういういい天気の昼下がりにはネコたちがきっと日向ぼっこしてる。
 見ると思ったとおり、2匹ずつ丸くなって寝ている。
 2匹ずつ? よく見ると、あのメシ時だけ一緒にいるミケが親ネコと並んでいるじゃないか。すっかり家族の一員なのか?
ミケと親ネコ
子ネコ2匹

 ふと目をよそに向けると、小さな子ネコを2匹見つけた。撮影時には1匹逃げてしまっていた。
かわいい子ネコ。

 このネコたちもここに定住してくれるならば、この地はますますネコの聖地として栄えることであろう。うれしい限りだ。

 まだまだネコを探しに行く。
 ちょっと隠れたところに、白に黒ぶちのネコが子ネコと一緒にいるのを発見。ぼけっと見てるとぜんぜんわからないところだ。うまいところに陣取ったなと感心。
お母さんと子ネコたち。

 駅の近くの公園に行ってみる。ここのネコは夜にしか出てこないことが多いが、今日は3匹のネコが日向ぼっこして、誰かが置いていったえさを食べていた。
公園のネコたち。

 天気のいい昼間のネコはとても不機嫌そう。まぶしくて目を見開けないから、どうしても目つきが悪くなる。瞳孔も細くなるし。
 夜のネコは目がやわらかくなる。だから夜にもネコを撮りたい。

 また駅に戻ると、今度は親子3匹で丸まって寝ている。やっぱり家族水入らずがいいのかな。
家族水入らず。

 駅の定点観察地で、例の親子ネコが3匹丸まって寝ている。今日は曇りで日向ぼっこできないから、よけい他のネコたちの温かみはありがたいだろう。
ねこだんご。

 歩いて神社へ行く。
 ネコが少ない。黒っぽいネコが目立つ。他のネコはどこへ行ってしまったのだろうか。
黒いねこ

 朝、いつも通る道にネコのえさをたくさん置いているところがある。朝はネコを見ることがほとんどないのだが、今日はいた。
 一心不乱にえさを食っていたので、ちょっとこちらを向いて欲しいなと思い、声をかけると、脱兎のごとく走り去ってしまった。朝食の邪魔をして申し訳なかった。
朝飯食いたい。

 夜、いつもの駅の定点観察地、メシのときだけやってくるあのネコが、メシもないのにいた。珍しい。
 見ると親ネコが見当たらない。どこへ行ったんだろうか。
 街の灯に照らされて、たたずむネコはいい雰囲気出してる。
街の灯に照らされて。

このページのトップヘ