ネコじかけのBlog

うちの猫(シマ)とねんどろいど、外猫の記録。
VOCALOID関連の話題、展示会のレポート。

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<秋本幸一展>
 2012.5.29-2012.6.7 月休
 12:00-19:00 最終日16:00まで
 ラッズギャラリー
 大阪市福島区福島3-1-39 メリアス会館102号

 猫の日本画。

 猫のほわほわ感、毛の流れや質感の表現がいい。
 寝転んだり、糸で遊んだりする仕草がとても可愛らしく、猫の行動をうまくとらえられていると感じる。

 平面的な日本画の画法だが、背景にコラージュやリトグラフを使っていたりするのは面白くおしゃれ。

 ポートフォリオにも数点あったが、マンホールと猫の絵が面白そうだ。
 シリーズとしてこれらを出すのもいいかも。

<吉村美枝展「「文字」からの発信-->
 2012.5.29-2012.6.7 月休
 12:00-19:00
 最終日16:00まで
 ラッズギャラリー
 大阪市福島区福島3-1-39
 メリアス会館102号

 漢字をモチーフとした絵画、ステンドグラス、金属作品。

 漢字を象形化すると言うことは起源に戻すと言う感じを受けるが、それを越えたものがあった。
 特にステンドグラスは見ていて楽しいし、美しい。ガラスの色もイメージを沸き立たせるものだ。
 言われなければ漢字を象形化しているとは思えないが、それを抜きにしてもいい作品だと思う。

 壁にかかったステンドグラスが光に照らされてできる光や影がまた美しい。
 ガラスの歪みによる光のグラデーションが幻想的。

<宇山聡範「after a stay」>
 2012.5.28-2012.6.2
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 Port Gallery T
 大阪市西区京町堀1-8-31
 安田ビル1F

 ビジネスホテルの部屋の写真展

 全体的に青被りな写真が並ぶ。
 そのために冷たい感じに思える。
 作者が言う淡々と撮影したと言う雰囲気を醸し出す。

 泊まった後の部屋らしいのだが、ほとんどその痕跡は見られない。
 とことん客観的に撮影しているようだ。

 ホテルは結局自分の住処ではなく、短期間で離れるところ。ビジネスホテルならなおさら。
 泊まる人も愛着もなく離れて行く。
 そんなクールな所をクローズアップした作品かなと感じた。

<Quiet Moments>
 2012.5.15-2012.6.2 日月休
 12:00-19:00 火-金 12:00-17:00 土
 The Third Gallery Aya
 大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル2F

 2人の写真展。

 鈴木崇さん
 風景とペットボトル?の写真。
 風景は手前にピントがあって、主題と思われる山や島がボケている。同じ景色を撮った写真を2枚に切って角に貼っている。
 これは遠近法による奥行き感を出しているそうな。
 ペットボトルに見える写真も何か模様の様に見える。

 大西正一さん
 ポートレート写真を3D写真にしている。
 見やすいようにステレオスコープ付き。
 ただの3Dではなく、左右服の柄を変えていたりしているところがミソか。

<笹川治子「case.A」>
 2012.6.1-2012.6.17
 11:00-19:00
 Yoshimi Arts
 大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル3F

 Aと書かれた惑星をイメージさせるマーク。
 木やプラスチックの廃材を組み合わせた何かのマシーン。
 周りにはそれらを作り出しているであろう人たち。
 Aのマークを旗頭に邁進する人々を見る様だ。

 そして、端には金属光沢のある防護服。顔からは白銀色の固体が噴き出す。

 機械などの人工物に囲まれた現代文明に対するアンチテーゼを感じた。
 防護服のオブジェからは多分原発事故のイメージを彷彿とさせる。
 AはAtomicのAかな。

<monocreate vol.05>
 2012.5.28-2012.6.10 水休
 12:00-20:00 最終日18:00まで
 Acru Gallery
 大阪市中央区南船場3-7-15 北心斎橋サニービル西側B1F

 モノクロ限定写真展。
 モノクロにすることは、世の中にある色を排除すること。
 色と言う重要なファクターをなくすことでマイナスになるのではないかと思われがちかも知れないが、その物の形状や影など、華やかさに隠れていたものをクローズアップするものではないかと感じている。

 カラーとは異なる質感を感じられる作品、光と影の対比を見せてくれる作品。

 モノクロになると、何が写っているかた共にどの様に写っているかの比率が高くなるように思える。

 衛門。さん
 月の光に照らされた木の枝が空に浮かぶ血管の様に見える。
 以前この様な写真を撮ったことを思い出した。

 林誠彦さん
 古いミシンの表面のエンボスの質感がうまくあらわれているように感じる。
 このミシンの今までの歴史を感じる。

<大大阪展「環状線19」 1>
 2012.6.1-2012.6.3
 13:00-21:00 金土 13:00-18:00 日
 BEATS GALLERY
 大阪市中央区南船場2-7-20 大阪屋安堂寺橋ビル4F

 大阪環状線の各駅を各人が担当し、その付近の写真を展示。

 京橋/いけたにいさむさん
 「大阪大空襲」が根底に流れている。
 京橋に落とされた爆弾によって瓦礫の山となったことを感じさせる写真。
 自由の女神がコラージュされているのは象徴的。
 マットに開けられた小さい穴は機銃砲の跡か。
 打って変わって、現在のどちらかと言うと猥雑なイメージの京橋の姿をコントラストを高く、ポップなイメージで見せる。
 戦後を一気に駆け抜けるタイムトラベラーになった気分。

 福島/伸之助さん
 カラー赤外線写真。
 先程の京橋の写真がタイムトラベルならば、こちらは宇宙旅行。
 どことなく地球に似た惑星アンチクトン。
 越えようがない異世界感を覚えるのは痛快。

 天満/ひるたオブジョイトイさん
 赤外フィルター
 桜の写真展の時に使っていた赤外フィルターを使っていると思われる。
 長時間露光による動く被写体のブレ、赤外線フィルターによる変色が面白い。
 扇町公園の写真がどこから撮ったか一目でわからなかった。いいアングル。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ブログネタ
外のネコ2 に参加中!
腕立て100回!
 腕立て100回!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ブログネタ
うちのネコ3 に参加中!
襖の隙間から。
 襖の隙間からこんにちは。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<京都市南区>
 2012.6.1-2012.6.10
 12:00-19:00 最終日17:00まで
 ハッテンギャラリー
 大阪市北区西天満4-8-5 衣笠ビル4F

 京都と言えば兵庫県に住んでいる私でも観光地と言うイメージ。
 しかし、歩いてみるとそう言うところは特別で、住んでいる人、働いている人が闊歩する他の土地と何ら変わりない。
 そんなところをクローズアップした写真かなと感じる。

 しかし、ところどころに見せるフリマ会場らしき寺とかを見ると、ああ、京都なんかなとか思ってしまうのはただ単にタイトルが「京都市南区」だからかな。

 京都らしくないキョウトスナップ。

<山口紀子個展「再生への序章」>
 2012.5.28-2012.6.2
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 現代クラフトギャラリー
 大阪市北区西天満4-6-24

 陶器の展示。
 土台からキノコが生えているオブジェ。
 動植物の死骸を分解し、分解物が新たな生命を育てるキノコを分解と再生のシンボルとして表現している。

 大きな薬瓶に入った作品があったが、一目見てこれは心臓かと思った。
 表面に這う根のようなものが血管、土台の形がまた心臓のよう。
 ダブルミーニングで「生命」を感じさせる展示だった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ブログネタ
外のネコ2 に参加中!
はい、了解です!
 ルールはちゃんと守らなきゃね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ブログネタ
うちのネコ3 に参加中!
寝ているのが幸せか。
 ネコはよく眠るけど、悪いわけではありません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<黒猫展>
 2012.5.24-2012.6.3 5/29火休
 12:00-20:00 最終日19:00まで
 nearly equal gallery
 大阪市北区中崎2-3-28 Guignol 2F

 黒猫限定のイラスト展。
 階段を上がるとそこには黒猫のオブジェ。以前、ここで個展を開催されていた松長大樹さんの黒猫だ。

 こじんまりしたスペースの壁に作品が並ぶ。
 可愛らしいもの、ファンタジー的なもの、そしてこれはテーマに合ってるのか?と言うものもあるが、一点これは作品か?と言う不可解なものがあった。
 インパクトはあるが、どうもいただけない。

 zunchiさん
 猫のマトリョーシカ、傘猫のイラストが可愛らしい。

 ミワコさん
 花を渡す猫、渡される猫、双方の表情がうまく表現されている。
 シンプルなイラストでストレートに伝わってくるのがいい。

<南公二陶展>
 2012.5.29-2012.6.6 6/4月休
 12:30-19:30 火-土 12:30-17:00 日最終日
 ギャラリー びー玉
 大阪市北区紅梅町2-6 昭和ビル206号室

 陶器作品の展示。
 入口から異世界の雰囲気を醸し出す作品が並ぶ。
 作品が表す世界観はヨーロッパの古い街並み。どこか退廃的な雰囲気もある。
 刃が合わないハサミ、刀身が曲がったナイフ、そして猫のマリオネット。
 ワイングラスの柱も曲がり、黒猫が鎮座したり、爪を研いだり。

 ああ、魔女のいる世界なんじゃないかと思った。

 しかし、その中で歯車が多用されているのはなぜか。
 この頃の人からすると機械は魔術か何かだと思うだろう。そう考えると機械を象徴すると思われる歯車もあっていいのかも。

 マグカップはこの装飾でこの重さ?と言うくらい軽く、形も面白い。
 ワイングラスも使うのがもったいない感じて、眺めながら別のグラスで飲むって感じ。
 まあ、私は飲めないんですが。

<うめぐみ写真展6〜Four Seasons〜>
 2012.5.28-2012.6.3
 15:00-20:00 13:00-20:00 土 13:00-18:00 最終日
 10WGallery
 大阪市中央区平野町1-6-8-901 メロディハイム平野町10F

 ねこふんのトリを飾る恒例の猫写真展。

 今年は四季と言うテーマでメンバーが撮った写真を展示、昨年までの個展の集まりとは違う趣向だ。

 テーマの縛りで何かの不自由さが感じられるのならばそれは面白くないが、全体としてのまとまりが生まれて、グループ展の意義も出てくるかと。

 四季と言うことで、猫と周りの景色と合わせて表現する写真が多くなる。
 今までのうめぐみ展の雰囲気とは異なって見える。この展示はいい。
 そして、日頃は自分の飼い猫の写真をメインに出しているメンバーも外猫の写真を出しているので、そこも新鮮に感じる。

 昨年と比べて雰囲気の変わった写真展だが、変わらないのは写真を見ながらのメンバーとの猫談義の楽しさ。
 これは変わらないでいただきたい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
ふーん。
2012.2.24 ■ふーん。より。)

 2012年6月以降の私が気になる展示会情報を書いておきます。参考までに。
 載せるなっていう人はメール下さい(kuhkatze.n@gmail.com)。
 消しますので。

 猫関連の展示会情報があれば教えて下さい。コメントでもメールでも。

(2012.5.31現在)

 (フェルメール関連)
 フェルメール光の王国展
  (-7.22 東京 フェルメール・センター銀座)
 ベルリン国立美術館展〜学べるヨーロッパ美術の400年〜(展覧会公式サイト)
  (6.13-9.17 東京 国立西洋美術館)
 マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝(展覧会公式サイト)
  (6.30-9.17 東京 東京都美術館、9.29-2013.1.6 兵庫 神戸市立博物館)


(その他、私が注目している展示会情報)

  今村源・袴田京太朗・東島毅「Melting Zone」(-6.2 大阪 アートコートギャラリー)
  柳本明子展(-6.2 大阪 CAS)(刺繍作品)
  Seeds 河原林美智子展(-6.2 京都 ギャラリーギャラリー)(ファイバーアート)
  軸ー重力・反重力 Axis - Gravity・Anti gravity(-6.23 大阪 ギャラリーノマル)(木材とジャッキを用いたインスタレーション)
  塩田千春 私たちの行方(-7.1 香川県丸亀市 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館)
  現代の写実。ホキ美術館名品展(-11.11 千葉県千葉市 ホキ美術館)(写実画)

  第27回公募2012日本ジュエリーアート展(6.1-6.10 兵庫県伊丹市 伊丹市立工芸センター)(装飾具)
  笹川治子「case.A」(6.1-6.17 大阪 Yoshimi Arts)(ミクストメディア)
  高松次郎:万物の砕き(6.6-7.4 東京 Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku)(ミクストメディア)
  KyoとSamの立体作品展(6.10-6.16 兵庫県西宮市 ギャラリーストラッセ)(皮革とガラスの立体作品、からくり作品)
  neutral production展(6.16-7.7 大阪 CAS)(映像インスタレーション)

(ネコ関連イベントの備忘録、京阪神中心)
 猫写真やイラスト、立体物など猫関連の展示があるイベントをリストアップしています。
 ネコメインのイベントではなくても知人のネコ関連の出展や注目している作家さんのネコ作品があればここに書いています。

  ハーベストクラス展「Harvest vol.17」(-6.2 大阪 フォトピアギャラリー)(通勤ネコさんの猫写真)

  2012年 にゃらまち ねこ祭り(6.1-6.30 奈良市 奈良町界隈)(猫イベント、猫グッス販売など)
  梅小路公園手づくり市(6.2 京都 梅小路公園)(京都どうぶつあいごの会さんの猫写真や猫グッズ)
  新美敬子写真展 地中海の休日〜マルタ、ロドス、シシリーの猫と犬〜(6.7-6.19 大阪 パナソニックセンター大阪 2Fコミュニケーションスペース)(犬猫写真)
  長靴をはいた猫展(6.7-7.2 大阪 JAM POT)(薄荷座さんのフェルト猫)
  なんでもペーパー!おもしろペーパー!(6.8-6.17 大阪 雑貨と喫茶とギャラリーと ひなた)(猫屋芳樹堂さんの猫グッズ)
  夜景(6.19-6.24 大阪 ギャラリーアルテスパーツィオ)(カワヰヨモギさんの猫写真)
  同伴避難〜家族だから、ずっといっしょに〜(6.28-7.3 大阪 ギャラリーOK)(犬猫の写真展)
  ねこのはこ!(7.7-7.8 神戸 神戸ファッションプラザ3F サン広場)(猫モチーフの作品の展示・販売)
  看板ねこ展 in 門司港(7.12-7.16 福岡県北九州市 めがねのヨシダ門司港店 2Fギャラリー)(ばんひろみさんの猫写真、ごとー猫首輪製作所さんの猫首輪)
  猫300%(7.26-8.6 大阪 猫の箱)(森野忠晋さんの猫写真)

(ネコ見っけ!のコーナー)
 ネコメインではないけれどもネコ関連の作品がある展示会。
  南公二陶展(-6.6 大阪 ギャラリーびー玉)(猫の陶器作品)
  秋本幸一展(-6.7 大阪 ラッズギャラリー)(日本画、猫の絵あり)
  イラストレーター佐藤邦雄展:動物美術館(-6.8 大阪 大阪成蹊大学 ギャラリー<spaceB>)(猫のイラストあり)

<猫ふんじゃったなギャラリーたち2012>
 はじまりました!
 春の大阪の一大猫イベント、猫ふん関係はここにまとめます。

  猫文学展(-6.3 大阪 22tu-tu gallery)
  風雅2012春 にゃんこ展(-6.3(2部) 大阪 ギャラリー風雅)
  黒猫展(-6.3 大阪 ニアリーイコールギャラリー)
  うめぐみ写真展6〜Four Seasons〜(-6.3 大阪 10WGallery)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ブログネタ
外のネコ2 に参加中!
身体がついて来ん。
 顔を上に向けても、身体はなかなかついて来ないもので・・・。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ブログネタ
うちのネコ3 に参加中!
鼻が利く。
 まずは鼻から。

 シマが匂いを嗅いでいる緑色の物は「荷物運搬用取っ手 手提げホルダー」ですが、特に意味はありません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ブログネタ
外のネコ2 に参加中!
入れて欲しい。
 入れて欲しいなぁ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ブログネタ
外のネコ2 に参加中!
枕。
 これくらいの硬さがちょうどいい。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<中島宏写真展「淀川模様」>
 2012.5.29-2012.6.3
 11:00-19:00 最終日17:00まで
 ギャラリーアルテスパーツィオ
 大阪市北区曽根崎新地2-1-13 巽住宅梅田ビル302

 淀川の周りで撮った風景の写真展。

 淀川と言えば、大阪を流れる代表的な河川。ちなみにうちのシマとクロもこの川沿いで出会いました。

 川には釣りをしている人、ジョギングしている人、野球している人がいたり、ここにお住まいの方もいる。
 そして、いろんな物が流れ着いたり、捨てられていたり、良くも悪くも人の営みを映し出している。
 その何気ない風景をモノクロならではのシンプルで存在感のある写真に仕上げている。

 モノクロで撮る理由は何だろうと考えてみる。
 雲の重さを表現するにはモノクロの方がいいのかなと考える。
 テーマ、被写体も重厚な物を選ぶのがいいのだろう。

 モノクロならではの表現法について考えさせられ、また参考になった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ブログネタ
外のネコ2 に参加中!
注目の的。
 じっくり見られてる。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ブログネタ
うちのネコ3 に参加中!
寝起きは悪いほうですか?
 寝起きは悪いほうですか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ブログネタ
ギャラリー散策 に参加中!
絵画鑑賞。シマ
 魅力的な作品はどこにある?

<軸ー重力・反重力 Axis - Gravity・Anti gravity>
 2012.5.26-2012.6.23 日休
 13:00-19:00
 ギャラリーノマル
 大阪市城東区永田3-5-22

 ギャラリーに入ると目の前に大きくて黄色い布。三次元面のグラフを思い浮かべる。

 壁には楕円形に切り取られた鉄板が10枚ほど貼り付けられている。
 楕円形の板がバランスを取っている姿のよう。

 重力を表現するのは比較的簡単ではないかと思う。
 この地球に、いやこの宇宙の構造を決めているのは重力で、何かがあればそこには重力が働いている。
 それを一目でわかるようにしてやればいい。
 黄色い布が垂れているのは重力が働いていることを如実に示している。

 一方、反重力を表現するにはどうしたらいいだろうと考える。
 それが、「不可解な宇宙」シリーズなのだろう。
 ちょっとピンとはこないが。

 ポートフォリオを見ると、興味深い作品がいくつかあった。
 これらの作品もいつか見てみたいものだ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr